2021年4月25日【マイラーズC】終了時点までのデータをもとに、ケイデンスコールの好走パターンを分析。

ケイデンスコールの距離適性

ケイデンスコールはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(4-2-0-5)
  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-2)

現状ではベストは千六。

千八も、苦手の右回りで0.2差の4着。守備範囲だと思われる。

ケイデンスコールの脚質

締まった流れでも繰り出せる強烈な末脚が最大の魅力だが、2019年の「NHKマイルC」で2着にきて以降、その末脚は影を潜めた。

しかし近走では、前目のポジションから競馬を進めることで好走。

瞬発型から持続型への脚質転換で復調の兆し。

ケイデンスコールのコース適正

ケイデンスコールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(2-0-0-3)
  • 東京(0-1-0-3)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(1-1-0-2)
  • 阪神(1-0-0-2)

左右回り;

  • 右(1-1-0-2)
  • 左(3-2-0-8)

現在はどちらも走るが、好きなのは左回りだろう。

ケイデンスコールの持ち時計(ベストタイム)

ケイデンスコールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.4 5着(0.5差・新潟)
  • 芝1600m:1.31.4 1着(-0.2差・阪神)
  • 芝1800m:1.44.9 2着(クビ差・中山)
  • 芝2000m:2.02.5 7着(0.9差・中京)

千六、千八の時計は速い。

ケイデンスコールの重馬場適正

ケイデンスコールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重での1勝はあるが、これだけのデータではまだなんとも言えない。


ケイデンスコールの鉄砲実績(休み明け)

ケイデンスコールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-6)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-1-0-0)

休み明けが全くダメだが、これは休み明け意外に敗因が考えられるケースも多い。

ケイデンスコールの枠順適正

ケイデンスコールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(3-1-0-3)
  • 10~14番(0-0-0-4)
  • 15~18番(0-1-0-1)

ケイデンスコールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(2-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-4)

ケイデンスコールの斤量別着度数

  • 53キロ(0-0-0-1)
  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)
  • 56キロ(2-1-0-5)
  • 57キロ(0-1-0-1)
  • 58キロ(0-0-0-1)

ケイデンスコールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~472キロ

ケイデンスコールの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はハーツクライ(サンデー系)。

近親に「ダイヤモンドS(G3・芝3400m)」3勝、「アルゼンチン共和国杯(G2・芝2500m)」、「目黒記念(G2・芝2500m)」「京成杯(G3・芝2000m)」を勝ったフェイムゲーム

ケイデンスコールの近走

21/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:1着(1.33.1・-0.1差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

道中は中団の前、内ぴったりに回ってくる。

4角3番手で直線に向き、直線も馬場の内目から伸びてきて、ボンセルヴィーソに前を遮られて進路を変えるロスがありながらも、そこからしっかりと伸びて快勝。

スローの流れで前々の競馬、終始内目の経済コース。

これらの戦略がぴったりと嵌った会心のレース。

これが復活の足掛かりになるかどうかは微妙。

2021年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

21/2/28 中山記念(G2)

中山 芝1800m 良

着順:2着(1.44.9・クビ差)

騎手:岩田康誠(56キロ)

道中は勝ったヒシイグアスと同じような位置取りだが、こちらは内ぴったりの4~5番手。

4角4番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目から伸びて来たが、ゴール前クビ差及ばずの2着。

1800mの距離、右回りなどで軽視したが、ここでもしっかり対応してきた。

内ピッタリの経済コースで差のない2着だが、ただやはり、ベストはマイルなのだと思う。

馬自体、完全に復調してきたとみて間違いないだろう。

2021年 中山記念(G2)のラップ分析&回顧

21/4/25 マイラーズC(G2)

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.31.4・-0.2差)

騎手:古川吉洋(56キロ)

道中は中団の後ろ、8番手あたり。

4角も中団の後ろ、8番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から一気の追い上げ。

坂下で先団を射程圏に捉えると、坂の途中で抜け出して、ゴール前は後続に1馬身強の差をつけてゴール。

若干展開が向いた感も否めないが、それにしても、おそらくこれまで戦ってきた中では一番速い追走速度だったはず。

そんな流れの中を、最後一頭だけ抜け出すあたり、今のこの馬の充実ぶりがうかがえる。

2021年 読売マイラーズカップ(G2)のラップ分析&回顧

次走、安田記念(G1)に向けて

次走は6月6日、東京競馬場 芝1600mで行われる「安田記念(G1)」。

近走の充実ぶりは評価できる。

東京のマイルも、3歳時「NHKマイルC」で2着に入った舞台。

馬券圏内なら、十分に可能性はありそう。

 

その他、安田記念(G1)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)