2020年3月15日【金鯱賞】終了時点までのデータをもとに、ケイデンスコールの好走パターンを分析。

ケイデンスコールの距離適性

ケイデンスコールはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-2-0-4)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

現状ではベストは千六。

千八も、苦手の右回りで0.2差の4着。守備範囲だと思われる。

ケイデンスコールの脚質

強烈な末脚が最大の魅力。

ケイデンスコールのコース適正

ケイデンスコールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(2-0-0-1)
  • 東京(0-1-0-2)
  • 中京(0-1-0-1)
  • 阪神(0-0-0-2)

右回りが苦手のようだが、「毎日杯(G2)」では0.2差の4着まで食い込んできている。

まだ4歳。今後改善の余地は十分にある。

ケイデンスコールの持ち時計(ベストタイム)

ケイデンスコールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.5 2着(0.1差・東京)
  • 芝1800m:1.47.4 4着(0.2差・阪神)
  • 芝2000m:2.02.5 7着(0.9差・中京)

現状では、1600mならそこそこ速い時計には対応できている。

ケイデンスコールの重馬場適正

ケイデンスコールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-1)

稍重での1勝はあるが、これだけのデータではまだなんとも言えない。

ケイデンスコールの鉄砲実績(休み明け)

ケイデンスコールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-5)

休み明けが全くダメだが、これは休み明け意外に敗因が考えられるケースが多い。

以下、休み明けの4鞍の敗因と考えられるもの。

  • 朝日杯FS・・・右回り
  • 毎日杯・・・0.2差の4着に好走
  • 関谷記念・・・暑さ
  • キャピタルS・・・不良馬場

ケイデンスコールの近走診断

19/5/5 NHKマイルC(G1)18頭立て

東京 芝1600m 良

着順:2着(1.32.5 0.1差)

騎手:石橋脩(57キロ)

8枠18番の大外から後方12番手からの競馬となる。

後方で脚を溜めて4角は大外を回して直線で一気に追い込むが、前を走るアドマイヤマーズに0.1差及ばず2着。

力は出し切った。

19/5/5 関谷記念(G3)18頭立て

新潟 芝1600m 良

着順:14着(1.33.3 1.2差)

騎手:石橋脩(53キロ)

2枠3番からポジショニングは中団の後ろくらい。

4角は外を回して前走と同じような走りを見せるが、直線になって一向に伸びてこない。

そのまま伸びないままの14着。

暑さの影響もあったとのコメントも出ているが、どうか。

19/11/23 キャピタルS(L)17頭立て

東京 芝1600m 不良

着順:17着(1.37.9 2.1差)

騎手:北村友一(55キロ)

6枠12番からいつものポジションで後方からの競馬。

しかし今回も伸びずに大敗。

休み明けの+12キロで不良馬場。

走らないのは分かるが、ちょっと敗けすぎの感はある。

20/2/9 東京新聞杯(G3)16頭立て

東京 芝1600m 良

着順:12着(1.33.6 0.6差)

騎手:石橋脩(56キロ)

約2ヵ月半の休み明け。

今回は出して行って中団からの競馬。

直線は馬群の外目をついて追い上げるが、かつてのキレはまだ戻って来ない。

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:7着(2.02.5・0.9差)

騎手:中谷雄太(56キロ)

道中は中団。

4角は6番手の内で直線に向き、直線は少し外に出して追い出すが、まったく伸びず。

終いはメンバー9位の34.0秒

道中は超が二つつくほどのスローペース。

初距離の2000mだとしても、あまりに不甲斐ない内容。

まだまだ復調には遠く及ばない様子。

ケイデンスコールの次走

次走は新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟大賞典(G3・ハンデ)」。

前走を見る限り、ここでの一変は考えなれない。