2020年4月11日【阪神牝馬S】終了時点までのデータをもとに、ブランノワールの好走パターンを分析。

ブランノワールの距離適性

ブランノワールはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-1-0)
  • 芝1600m(3-1-0-5)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1800mは1鞍だけだが、そこでは強い競馬をしている。

ベストは1600~1800m。

1400mは守備範囲、阪神なら走ってくるかも。

2000mは長い。

ブランノワールの脚質

前からでも後ろからでも戦える自在性

そこそこのSP持続力、瞬発力は持っている様子。

これからの成長力でそれがどこまで引き上げられるか?

ブランノワールのコース適正

ブランノワールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(0-1-1-3)
  • 阪神(3-0-0-3)

阪神は得意。

ブランノワールの持ち時計(ベストタイム)

ブランノワールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.22.7 3着(京都)
  • 芝1600m:1.33.6 8着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.3 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.00.9 7着(京都)

まだまだこれから。

ブランノワールの重馬場適正

ブランノワールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-1)

稍重程度なら大丈夫そう。

それ以上になるとまだ未知数。

ブランノワールの鉄砲実績(休み明け)

ブランノワールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-0)

問題ない

ブランノワールの評価

距離は1600~1800mがベストで1400mは守備範囲。

そこそこのSP持続力と瞬発力はある様子。

明け4歳で、ここからの成長力に期待。

ブランノワールの近走診断

19/12/15 元町S(3勝)

阪神 芝1600m 良 14頭

着順:9着(1.33.7・0.7差)

騎手:福永祐一(54キロ)

大外14番から中団馬群の9番手あたり。

向う上面で少し順位を上げて、4角は6番手の外で直線。

直線も馬場の外目から追い上げるが0.7差まで。

大外から終始外々を通った上に、ペースがかなり速かった。

昇級初戦でクラスの洗礼。

20/1/6 新春S(3勝)

京都 芝1600m 良 11頭

着順:6着(1.37.0・0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

今回も大外11番ゲートからポジションは中団あたり。

4角は5番手で直線に向き、馬場の外目を追い上げるが0.2差まで。

前走と同じような競馬だが、着差は詰めた。

当日の馬場はかなりの荒れ馬場で時計がかかっていた。

この馬、綺麗な軽い馬場の方が合ってそう。

20/2/29 うずしおS(3勝)

阪神 芝1600m 良 12頭

着順:1着(1.33.6・-0.1差)

騎手:福永祐一(54キロ)

7枠10番から中団の後ろあたりで、今回は少し脚を溜める戦術。

前半のペースはこのクラスとしてはそこそこ流れて前半3Fは35.2秒。

ブランノワールは4角10番手だが最内に進路を取り、直線も最内を追い込んで来る。

馬場の内側を縫うようにスルスルと抜けてきたブランノワールは、残り100mあたりで先頭を捉え、並ぶ間もなく突き抜けた。

自身の上り3Fは33.5秒。

内を突いた鞍上の好騎乗も光るが、それに呼応したブランノワールの器用さも見事。

20/4/11 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m 良 16頭

着順:8着(1.33.6・0.7差)

騎手:武豊(54キロ)

スタートを決めたように見えたが控えて後方から。

最後の直線でそこそこ追い上げるが0.7差まで。

走破時計は前走とまったく同じ。

前走ぐらい走れば勝ち負けと思っていたが、勝ったサウンドキアラの走破時計は1.32.9。

今回は時計が速かったか?

ブランノワールの次走

次走は福島競馬場 芝1800mで行われる「福島牝馬S(G3)」。

初めての長距離輸送をクリアできるか?

回避した模様。