2021年2月20日【京都牝馬S】終了時点までのデータをもとに、ブランノワールの好走パターンを分析。

ブランノワールの距離適性

ブランノワールはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-0-2-0)
  • 芝1600m(3-1-0-5)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1800mは1鞍だけだが、そこでは強い競馬をしている。

ベストは1600~1800m。

1400mはちょっと忙しそう。

2000mは長い。

ブランノワールの脚質

前からでも後ろからでも戦える自在性

そこそこの持続力、瞬発力は持っているので大敗は少ないが、オープンではもうワンパンチ欲しい。

他には、上り時計を要したときに押し切れる底力。

ブランノワールのコース適正

ブランノワールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 新潟(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(0-1-1-3)
  • 阪神(3-0-1-4)
  • 小倉(0-0-0-1)

阪神は得意。

ブランノワールの持ち時計(ベストタイム)

ブランノワールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.20.3 3着(阪神)
  • 芝1600m:1.33.5 5着(阪神)
  • 芝1800m:1.45.3 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.00.9 7着(京都)

高速決着には不向き。

ブランノワールの重馬場適正

ブランノワールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-0-0-1)

稍重程度なら大丈夫。

それ以上になると未知数。


ブランノワールの鉄砲実績(休み明け)

ブランノワールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-2)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-2)

狙い目は休み明け。

ブランノワールの枠順適正

ブランノワールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-1-4)
  • 5~9番(2-1-0-3)
  • 10~14番(2-0-1-3)
  • 15~18番(未)

ブランノワールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-1-1-3)
  • 3~5月(春):(0-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-1-3)

ブランノワールの斤量別着度数

  • 52キロ(2-0-0-0)
  • 54キロ(1-1-2-9)
  • 55キロ(1-0-0-1)

ブランノワールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 442~470キロ


ブランノワールの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ)。

母の父はシングスピール(ND系サドラーズウェルズ)。

シングスピールは欧州、カナダ、ドバイ、東京で走り、芝のG1を4勝。主戦場は芝の2000~2400m。

近親に「皐月賞」「有馬記念」などG1を3勝したヴィクトワールピサ。「安田記念」を勝ったアサクサデンエンがいる。

ブランノワールの前走

21/2/20 京都牝馬S(G3)

阪神 芝1400m(内)良

着順:3着(1.20.3・0.3差)

騎手:団野大成(54キロ)

道中は後方、前にギルデッドミラーを見るかたちで競馬を進め、4角12番手の外で直線。

直線もギルデッドミラーについて伸びて来るが、前を交わすまでには行かずクビ差の3着。

展開に恵まれた面はあったにせよ、1400mの流れでもこの脚が使えたのは収穫。

2021年 京都牝馬S(G3)のラップ分析&回顧

ブランノワールの次走

次走は4月10日(土)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「阪神牝馬(G2)」。

このクラスではまだ厳しいだろう。

 

その他、阪神牝馬S(G2)の出走馬を分析