2021年2月14日【北九州短距離S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アスタールビーの好走パターンを分析。

アスタールビーの距離適性

アスタールビーはこれまでに芝1200m~芝1400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(4-1-0-9)
  • 芝1400m(0-1-0-1)

ベストは1200m。

アスタールビーの脚質

「逃げ」「先行」、前につけて押し切る競馬。

先行力はあるので、ペースが緩めば粘り込んでくる。

1勝、2勝クラスは連勝で突破したが、3勝クラスで少し足踏みをしたように、オープンでもペース慣れが必要だろう。

アスタールビーのコース適正

アスタールビーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(1-0-0-2)
  • 函館(2-1-0-1)
  • 福島(0-0-0-2)
  • 新潟(未)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(0-1-0-3)
  • 小倉(1-0-0-1)

札幌、函館の洋芝は合ってそう。

アスタールビーの持ち時計(ベストタイム)

アスタールビーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.07.8 14着(小倉)
  • 芝1400m:1.23.1 14着(阪神)

速い芝、高速決着には向いてなさそう。

アスタールビーの重馬場適正

アスタールビーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-1)
  • 重(0-0-0-2)
  • 不良(未)

道悪自体気にしないので、ペースが緩む道悪はむしろ歓迎ではないか。


アスタールビーの枠順適正

アスタールビーの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-1-0-2)
  • 5~9番(1-0-0-4)
  • 10~14番(1-1-0-3)
  • 15~18番(2-0-0-1)

内外は苦にしないようなデータ。

アスタールビーの鉄砲実績(休み明け)

アスタールビーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目(0-0-0-3)

アスタールビーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-2)
  • 中3~5週(1-0-0-4)
  • 中6~8週(1-0-0-2)

アスタールビーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-1-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(3-1-0-3)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-3)

夏は良い。

アスタールビーの斤量別着度数

  • 48キロ(0-0-0-1)
  • 51キロ(1-0-0-0)
  • 52キロ(2-0-0-0)
  • 53キロ(0-0-0-4)
  • 54キロ(0-1-0-4)
  • 55キロ(1-1-0-1)

アスタールビーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 418~450キロ

アスタールビーの血統背景

父はロードカナロア(ミスプロ系キングマンボ/スプリンターズS連覇、高松宮記念、安田記念、香港スプリント連覇)。

母の父はブライアンズタイム(ロベルト系)。

ブライアンズタイムは米国で走り、ダートG1を2勝。主戦場はダートの中距離。引退後は日本で種牡馬入りし、多くのG1ウイナーを輩出した大種牡馬。

近親にムードインディゴ(府中牝馬S)、チャペルコンサート(オークス2着)、ユーキャンスマイル(阪神大賞典、新潟記念、ダイヤモンドS、菊花賞3着)

次走、函館SS(G3)に向けて

次走は6月13日(日)、札幌競馬場 芝1200mで行われる「函館スプリントS(G3)」。

ペースが緩めば粘り込みもあるが、その可能性は低い。

 

その他、函館スプリントS(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)