2022年3月6日【大阪城S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アルサトワの好走パターンを分析。

アルサトワの距離適性

アルサトワはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-0-1)
  • 芝2000m(4-0-0-6)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-2)

適距離は中距離。

アルサトワの脚質

逃げ、先行脚質。

気持ちよくハナを切れれば粘り込みもあるが、力んだり、競られたりするとサッパリの場合もある。

OP昇級初戦の「大阪城S」では、2番手からの競馬でも結果を出した。

5歳にして本格化の兆しか?

SPの持続力もそこそこあり、今後のOPでの走りに注目。

アルサトワのコース適正

アルサトワの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(0-0-0-2)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(4-0-0-5)
  • 小倉(未)

阪神コースが得意そうだが、良績が関西に集中。

長距離輸送には注意。

アルサトワの持ち時計(ベストタイム)

アルサトワの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.44.8 1着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.9 1着(阪神)
  • 芝2200m:2.14.6 12着(阪神)
  • 芝2400m:2.27.5 5着(東京)

千八の時計はハンデ54キロでの計時だが、速い。

アルサトワの重馬場適正

アルサトワの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-2)
  • 重(未)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪、荒れた馬場は苦手っぽい。


アルサトワの鉄砲実績(休み明け)

アルサトワの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-4)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

アルサトワのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-0-0-1)
  • 中3~5週(1-0-0-6)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

アルサトワの枠順適正

アルサトワの馬番別着度数は;

  • 1~4番(4-0-0-2)
  • 5~9番(0-0-0-6)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

脚質的にも内枠が良さそう。

アルサトワの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-0-3)
  • 55キロ(1-0-0-3)
  • 56キロ(1-0-0-2)
  • 57キロ(1-0-0-2)

アルサトワの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-4)

アルサトワの好走体重

3着以内の体重は;

  • 504~514キロ

アルサトワの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着)。

母の父はダイワメジャー(サンデー系/皐月賞、秋天、マイルCS連覇、安田記念)。

母方の4代前、サニーコーヴを祖とする牝系は、欧州、日本で多くの重賞ウイナーを輩出する名門牝系。

このファミリーの日本での活躍馬には、ネオユニヴァース(皐月賞、ダービー、産経大阪杯)、レディパステル(オークス、中山牝馬S、府中牝馬S)、マテンロウオリオン(シンザン記念)など。

次走、新潟大賞典(G3)に向けて

次走は5月8日(日)、新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟大賞典(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

新潟への輸送さえクリアできれば、他に逃げ馬らしい逃げ馬はいないだけに、気持ちよくハナを切れれば残ってくるかも。

 

⇒その他、新潟大賞典(G3)の出走馬を分析