2022年10月30日【カシオペアS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、エアファンディタの好走パターンを分析。

エアファンディタの距離適性

エアファンディタはこれまでに芝1600m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(5-3-0-8)
  • 芝1800m(0-0-0-2)

1600mで安定。

1800mはスローなら。

エアファンディタの脚質

道中を中団から後方に控えて終いの脚を生かしてくる競馬。

終いの脚は相当確実でしかも強烈なのだが、問題は位置取り。

初速があまり速くはないようで、テンが速かったり、外枠に入ったりすると、テンについて行けずに位置取りがどうしても後方になる。

そうなると僅差で差し届かない結果になる。

どちらかと言えばスローペース巧者のような印象。

ペースが流れると、位置取りは後ろになるし、終いの脚も少し鈍り勝ちになるしで、いいことがあまりない。

スタート五分で緩い流れで、中団あたりで追走できていれば何とかなる。

エアファンディタのコース適正

エアファンディタの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-1)
  • 東京(0-0-0-2)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(3-2-0-5)
  • 小倉(未)

阪神コースが得意そうだが、どの競馬場でもそこそこ走る。

要は位置取りと展開。

エアファンディタの持ち時計(ベストタイム)

エアファンディタの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.9 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.44.9 9着(東京)

速い時計には対応可能、要は位置取り。

エアファンディタの重馬場適正

エアファンディタの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-2)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪自体は気にすることはなさそう。


エアファンディタの鉄砲実績(休み明け)

エアファンディタの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-1-0-3)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

エアファンディタのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-0)
  • 中3~5週(0-1-0-3)
  • 中6~8週(1-0-0-2)

エアファンディタの枠順適正

エアファンディタの馬番別着度数は;

  • 1~4番(3-1-0-2)
  • 5~9番(2-2-0-5)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(0-0-0-1)

テンが遅い馬だけに、外枠からだとポジションを悪くする一方。

位置取りをよくするためにも内枠が欲しいところだろう。

エアファンディタの斤量別着度数

  • 54キロ(0-2-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-4)
  • 56キロ(2-0-0-4)
  • 57キロ(2-1-0-2)

エアファンディタの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(4-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-5)
  • 6~8月(夏):(0-3-0-2)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-3)

エアファンディタの好走体重

3着以内の体重は;

  • 446~464キロ

エアファンディタの血統背景

エアファンディタは外国産馬。

父はハットトリック(サンデー系/マイルCS、香港マイル)。

母の父はエンパイアメーカー(ミスプロ系ファピアノ)。

エンパイアメーカーは米国で走り、ダートG1を3勝。主要距離はダートの中距離~12F(約2400m)。

半兄にエアアルマス(東海S)。

母方の4代前、Ballade(バラード)を祖とする牝系は、米国、日本で多くの重賞ウイナーを輩出した名門牝系。

日本での活躍馬は、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル連覇)、シュヴァルグラン(ジャパンカップ)、ヴィブロス(秋華賞、ドバイターフ)の3兄弟の他、ダノンシャンティ(NHKマイルC)など。

次走、チャレンジカップ(G3)に向けて

次走は、12月3日(土)、阪神競馬場 芝2000m(内)で行われる「チャレンジカップ(G3)」。

2000mの距離はちょっと怪しい。