結果

2022年 1月16日(日)

第69回 日経新春杯(G2・ハンデ)

中京 芝2200m 良

1月16日 中京競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ヨーホーレイク 2.11.7 9-9-9-9(中団) 34.4
ステラヴェローチェ 3/4 4-6-8-8(中団前) 34.7
ヤシャマル 3 7-7-4-4(中団前) 35.3

レースの上り:35.1


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.11.7 35.1 12.5 11.9 11.6 12.2 12.0 12.4 12.2 11.8 11.4 11.8 11.9

今年の「日経新春杯」は昨年に続き中京開催。

中京の2200mと言う条件は、OPクラスでは比較するレースがほどんどないので、今回も昨年に引き続き比較はなし。

中盤あたりまではトップウイナーが離して逃げたラップ。

3番手以降は、中盤まで上りが続く中京コースらしいスローのラップを刻んでいたようす。

しかし中盤以降から下りになると、先頭と後続との差は徐々に縮まり、4角手前ではひとかたまりとなった。

展開としては、前半はスローの流れ、中盤以降、坂の下りで徐々にペースが速くなり、ラスト600mは35.1秒。

瞬発力を持った馬が台頭できたレースと言っていいだろう。


回顧

1着は3番人気のヨーホーレイク。

道中は中位の9番手を追走。

4角も9番手の外で直線に向き、直線は前にステラヴェローチェを見るかたちで馬群の外目から追い上げに入り、坂を上りきったあたりでステラヴェローチェと馬体を併せると、ラスト100mは2頭の追い比べ。

ゴール前スッと抜け出たヨーホーレイクがステラヴェローチェに約1馬身の差をつけてゴール。

さすがに、「日本ダービー」以外はすべてのレースで上り最速。

今回も34.4秒、上り最速の脚でダービー3着馬を見事に差し切った。

ハンデ差2キロはあったものの、瞬発力勝負では強さを発揮する。

ヨーホーレイクの分析

 

2着は1番人気のステラヴェローチェ。

道中は中団の前、8番手を追走。

4角も8番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げに入るが、後ろからはヨーホーレイクがぴったりとマーク。

坂を上りきってから馬体を併せれたが、追い比べて遅れをとった。

同じ4歳、2キロのハンデ差は大きいだろう。

ステラヴェローチェの分析

 

3着は9番人気のヤシャマル。

道中は中団の前、7番手あたりを追走。

3角手前で順位を上げて、4角では4番手で直線。

直線は馬群の中ほどから追い出しに入り、まずまずの脚で追い上げてはくるが、前の2頭とは明らかな差があった。

ここ2戦はポジションを取れなかったが、今回はしっかりと前目のポジションをキープできた。

着差が着差だけに好走と言えるかどうかは分からないが、東京コース以外で3着に入れたのはなにより。

ヤシャマルの分析

 

2番人気のフライライクバードは15着。

道中は先団4番手を追走。

4角も4番手で直線に向くが、直線ではさっぱり伸びず。

道中は少し力んでいたということだが、それにしても得意の距離、得意のコースで敗けすぎ。

敗因はなんだろう?

フライライクバードの分析