結果

第58回 弥生賞ディープインパクト記念 (G2)10頭

中山競馬場 芝2000m 良

クッション値:10.2(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
タイトルホルダー 2.02.0 1-1-1-1(逃げ) 34.5
シュネルマイスター 2.02.2 1  1/4 2-2-2-2(先行) 34.5
ダノンザキッド 2.02.3 クビ 5-5-5-4(中団) 34.2

レースの上り:34.5


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.02.0 34.5 12.7 11.6 12.4 13.0 12.9 12.6 12.3 11.6 11.0 11.9
過去平均 2.00.82 35.3 12.6 11.0 12.1 12.6 12.8 12.4 12.2 12.0 11.4 11.8
-0.8 0.1 0.6 0.4 0.4 0.1 0.2 0.1 -0.4 -0.4 0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去4走))

序盤、中盤ともにゆるゆるのペース。

逃げたタイトルホルダーと2番手のシュネルマイスターがそのままゴールして1、2着。

いわゆる「行った行った」。

1番人気のダノンザキッドも、勝ちに行ったというよりも、控える競馬で終いがどれだけ伸びるか確かめた、みたいなレース。

明らかにレベルは低く、この結果が本番に反映するとは到底思えない。



回顧

1着は4番人気のタイトルホルダー。

抜群の先行力を生かして今走はハナへ。

道中は競りかけられることもなく、マイペースの逃げで4角も先頭。

直線も内ラチ沿いをしっかり伸びてゴール。

前後半1000mのタイム差は-3.2秒。

とりあえず見事な逃げ切り勝ち。

タイトルホルダーの分析

 

2着は2番人気のシュネルマイスター。

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、前を行くタイトルホルダーを追うがその差は詰まらず。

この流れでは距離への適正も計れないかった。

シュネルマイスターの分析

 

3着は1番人気のダノンザキッド。

道中は中団5番手あたり。

4角は4番手で直線に向き、上り最速34.2秒の脚で追い上げるが、3着までがやっと。

終いの伸びを計ったような乗り方。

この3着はあまり気にする必要はないだろうが、同世代では抜けた存在ではないことも再認識できた。

ダノンザキッドの分析

 

3番人気のワンデイモアは7着。

道中は中団の後ろあたり。

4角も後方8番手で直線に向くが、直線では見せ場なし。

この展開で後ろからではノーチャンス。

ワンデイモアの分析