結果

第16回 オーシャンS(G3)16頭

中山 芝1200m 稍重

クッション値:9.7(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
コントラチェック 1.08.4 2-2(先行) 34.3
カレンモエ 1.08.4 ハナ 2-2(先行) 34.3
ビアンフェ 1.08.6 1  1/4 1-1(逃げ) 34.9

レースの上り:34.7


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
今走 1.08.4 34.7 11.9 10.7 11.1 11.4 11.2 12.1
過去平均 1.07.72 34.7 11.7 10.5 10.9 11.4 11.3 12.0
0.0 0.2 0.2 0.2 0.0 -0.1 0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

馬場は稍重発表だが、クッション値は標準の硬い方寄り。

先週ほどの速さはないが、それほど時計のかかる馬場でもない感じ。

レースは前半は緩めに入ったが、後半は馬場の影響からか、さほど速い上りにはなっていない。

5着までの馬がすべて道中5番手までの馬。

道中中団より前にいなければノーチャンスのレース。

総じて、緩い流れの前残りに似た展開。


回顧

1着は11番人気のコントラチェック。

千二は向かないと思い、ノーマークだった。

しかし千二の距離3戦目にして、しっかり前目の位置が取れた。

あとは緩めの流れを押し切るだけ。

テンの流れが速くならなかったことも良かったが、テンが緩い割には上りが速くならなかったことも良かった。

ペース、展開ががっちり嵌った1鞍だろう。

コントラチェックの分析。

 

2着は1番人気のカレンモエ。

道中は2番手。

4角も2番手で直線に向き、坂の上りで先頭に立って、そのまま突き抜けると思われたが、坂を上りきって甘くなった感じ。

2戦続けて僅差の2着。

この馬、オープンクラスでは直線平坦までか? と勘繰りたくなる。

カレンモエの分析

 

3着は6番人気のビアンフェ。

去勢明けの初戦を、マイぺースの逃げに持ち込んできっちり粘り切った。

案の定、坂の上りでは甘くなったようだが、緩い逃げでお釣りはまだあった様子。

ビアンフェの分析

 

2番人気のアルピニズムは13着。

スタート出遅れたが二の脚でカバーして道中は中団7番手。

4角も7番手の内で直線に向くが、直線は坂の上りで力尽きた感じ。

出遅れも響いただろうが、まだこのクラスでは慣れが必要だろう。

アルピニズムの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)