結果

第57回 七夕賞(G3・ハンデ)稍重

クッション値:7.9(やや軟らかめ)

7月11日 福島競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
トーラスジェミニ 2.02.2 2-2-2-2(先行) 37.0
ロザムール 2.02.2 クビ 1-1-1-1(逃げ) 37.1
ショウナンバルディ 2.02.4 1  1/2 6-6-8-8(中団) 36.7

レースの上り37.1


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.02.2 37.1 12.4 11.7 11.7 12.6 12.4 12.3 12.0 12.1 12.2 12.8
過去平均 1.58.87 36.5 12.2 11.0 11.2 12.1 12.1 12.0 11.9 12.0 12.0 12.6
0.6 0.2 0.8 0.5 0.5 0.3 0.3 0.1 0.2 0.2 0.3

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

馬場状態は稍重の発表ながら、終日小雨が降り、時には大量のスコールのような大雨も降る状況の中、「七夕賞」のスタート時点では、馬場は相当緩く、重馬場に等しい状態だったと推察される。

そんな馬場状態も反映されて、ラップの出方もかなり遅い上に、上りも37.1秒とかなりかかった。

レースは道中1、2番手でレースを進めた馬のワンツーとなったが、道中は緩いペースでラップを刻み、最後は道悪によって後ろからの脚も封じられたわけなので、「行った行った」の決着にも納得が行く。

今年の「七夕賞」は、道悪に適性を持つ、先行馬有利のレース展開となった。


回顧

1着は2番人気のトーラスジェミニ。

道中2番手追走から、4角を回って直線の入り口では早くも先頭。

あとは内で食い下がるロザムールをクビ差抑えてゴール。

2番手でも競馬ができる馬なので、競りかけてペースが上がるよりは、2番手追走がベストの選択。

本来2000mはやや長いはずだが、この流れなら大丈夫。

道悪も走る馬なので、適性がしっかりはまったレースとなった。

トーラスジェミニの分析

 

2着は7番人気のロザムール。

1枠2番からハナを切り、トーラスジェミニにも競りかけられずにマイペースの逃げが打てた。

2000mは長いと思ったが、この馬も道悪は問題なく、このペースでハナを切れたことが2着入線の大きな要因だろう。

53キロのハンデももちろん効いた。

ロザムールの分析

 

3着は9番人気のショウナンバルディ。

道中は中団6番手の内。

4角は8番手で直線に向くと、直線は馬群の外目からしぶとく伸びて来て3着を確保。

中団からの競馬で3着に食い込めたのは意外。

消耗戦を粘り込める力はある馬なので、あとはハナ差4着のマウントゴールドとの2キロのハンデ差が効いたのだろう。

道悪もどうやら苦にしなさそう。

ショウナンバルディの分析

 

1番人気のクレッシェンドラヴは14着。

道中は中団8~9番手追走で、4角も9番手の外で直線に向くが、直線はまったく伸びを欠いた。

昨年は重馬場でも36.6秒の脚で差し切ったのだが、今年はどうしたか?

調教は動いていたようだが、58キロのハンデや、加齢も敗因になるのかもしれない。

クレッシェンドラヴの分析

 

3番人気のブラックマジックは8着。

道中は3番手追走。

4角も3番手で直線に向くが、直線は残り200mあたりからジリジリと後退。

この流れで道中3番手なら、もう少し粘っても良いようだが・・・。

消耗戦に課題を残したか?

ブラックマジックの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)