結果

2021年 12月4日(日)

第55回 ステイヤーズS(G2)

中山 芝3600m 良

12月4日(日)中山競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ディバインフォース 3.47.6 9-9-7-6(中団後) 34.6
アイアンバローズ 3.47.7 1/2 1-1-1-1(逃げ) 35.4
シルヴァーソニック 3.47.9 1  1/2 3-3-2-2(先行) 35.4

レースの上り:35.3


ラップ分析

1着タイム 序盤 中盤前 中盤 中盤後 上り
今走 3.47.6 53.2 50.8 26.2 50.4 47.0
過去平均 3.45.52 50.9 51.3 25.4 50.2 47.6
2.3 -0.5 0.8 0.2 -0.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

例年の平均と比べて、ゆったりとしたペースで推移したことは間違いない。

その分上りは35.3秒と、この距離としてはまずまず速い上り時計を計時。

3600m走りきるスタミナと、そこそこの瞬発力を要したレース。


回顧

1着は6番人気のディバインフォース。

道中は中団の後ろ、9番手の外を追走。

2周目の3角あたりから進出を開始して、4角は6番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げて、ゴール前、逃げ粘るアイアンバローズを半馬身差交わしてゴール。

久々に五分のスタートを切り、位置取りがいつもより少し前目になったのが良かったのだろう。

ディバインフォースの分析

 

2着は4番人気のアイアンバローズ。

4枠5番からハナを切り、道中は緩めのラップを刻んでマイペースの逃げ。

4角も先頭で直線に向くと、直線もゴール手前まで粘り込んできたが、あと一歩のところでディバインフォースに交わされて2着。

絶妙の逃げだっただけに、惜しい2着。

アイアンバローズの分析

 

3着は5番人気のシルヴァーソニック。

道中は先団3番手を追走。

4角は2番手で直線に向き、逃げ粘るアイアンバローズを必至に追うが、なかなか差は詰まらない。

そうこうしているうちに、外から来た勝ち馬にも交わされて3着。

いい線まで行っていたが、最後のひと伸びがなかった感じ。

もう少しペースが流れた方が良さが出そう。

シルヴァーソニックの分析

 

1番人気のカウディーリョは7着。

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向くが、直線では伸びを欠いた。

この流れで粘れないのなら、3600mは長いのだろう。

カウディーリョの分析

 

2番人気のトーセンカンビーナは4着。

スタート出遅れて序盤は最後方から。

しかし2周目の正面スタンド前から上がって行って4~5番手に順位を上げる。

そのまま4角は6番手で直線に向き、直線も馬群の外目から追い上げてはくるが4着まで。

この緩い流れを、出遅れながらも良く4着に持ってきてはいる。

出遅れがすべて。

トーセンカンビーナの分析

 

3番人気のヴァルコスは8着。

道中は後方11番手。

4角も11番手で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げてはくるが、あの位置取りからでは勝負にならない流れ。

内枠を取っているのに、どうして道中のポジションを上げようとしないのか?

上りの脚もメンバー2位の脚は出ている。

前々で勝負していれば、そこそこやれていると思うのだが。

ヴァルコスの分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)