結果

第26回 シルクロードS(G3・ハンデ)

中京競馬場 芝1200m 良

クッション値:9.9(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
シヴァージ 1.08.3 10-9(中団) 33.6
ライトオンキュー 1.08.5 1  1/4 5-4(中団前) 34.1
ラウダシオン 1.08.5 4-4(中団前) 34.2

レース上り:34.6


ラップ分析

今年は中京開催の「シルクロードS」ということで、比較対象がないので、同じく中京開催のハンデ重賞「CBC賞(G3・ハンデ)」と「高松宮記念(G1)」の良馬場平均を比較対象とした。

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
1.08.3 34.6 12.1 10.4 11.2 11.3 11.6 11.7
1.07.76 34.1 12.0 10.7 10.9 11.0 11.2 12.0
0.5 0.1 -0.3 0.3 0.3 0.4 -0.3

下段がCBC賞(良馬場平均過去5走)

 

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6
1.08.3 34.6 12.1 10.4 11.2 11.3 11.6 11.7
1.07.65 34.3 11.9 10.4 11.1 11.2 11.2 11.9
0.3 0.2 0.0 0.1 0.1 0.4 -0.2

下段が高松宮記念(良馬場平均過去4走)

 

中京競馬場の芝は、前日が7Rまでが「重馬場」で、その後「稍重」に変更。

当日は6Rまでが「稍重」で、それ以降は「良馬場」に回復した。

ラップの出方を見ても、走破時計、上り時計ともに少し時計がかかっているので、当日の馬場は良馬場ながら、馬場状態はあまり良好ではなかったのだろう。

トラックバイアスも外の方が若干伸びているという印象だった。

レースはモズスーパーフレアが逃げる展開だったが、前半3Fが33.7秒なので、この馬の良馬場の逃げとしてはさほど速くはないペース。

これが馬場のせいなのか、鞍上が乗り替わった影響なのかは定かではないが、おそらく前者なのではないかと推察する。

後半は、坂の上りでペースが上がらず、ラスト1Fは差し馬たちのラップ。

レース全体の流れてとしては、ペース自体は速くはなく、道中、中団より後ろにいた馬にはノーチャンス。

逆に、しっかりポジションを取って、馬場の良い外目を回った馬にとっては、そこそこ脚が溜まったのではないか。


回顧

1着は4番人気のシヴァージ。

道中は中団の外目を追走。

4角9番手の外から、直線も馬群の大外から一気の末脚が炸裂した。

道中は馬場の良い外目を走り、直線もトラックバイアスを十分に生かした走り。

福永騎手の好騎乗が光るが、展開面、斤量でやや恵まれた印象はある。

シヴァージの分析

 

2着は3番人気のライトオンキュー。

道中は中団の前だが、位置取りはイン。

4角は4番手から直線に向き、直線も内から伸びて来る。

最後はシヴァージの外差しに屈したが、斤量差、トラックバイアスを考慮に入れれば「負けて強し」、本番が楽しみになる内容。

ライトオンキューの分析

 

3着は2番人気のラウダシオン。

道中はライトオンキューと同じような位置取りだが、こちらは外。

直線も馬群の外目から伸びてくるが、ライトオンキューも交わせず3着まで。

1200mの距離に対応したと言えば対応したのかもしれないが、ペースもさほど速くはなく、道中の位置取りも有利に働いた。

1200mの方が良いと言う意見には少し懐疑的にならざるを得ない。

ラウダシオンの分析

 

1番人気のモズスーパーは17着。

56.5キロと言う斤量は2020年の「北九州記念(G3)」でも背負っていて、0.3差の2着に来てはいるが、小倉の直線は平坦。

中京の直線には急坂があり、荒れた馬場も考慮に入れれば、牝馬の56.5キロはやはりキツかったのだろう。

敗戦自体はまったく気にならないが、17着はちょっと敗けすぎか?

モズスーパーフレアの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)