結果

第61回 きさらぎ賞(G3)

中京競馬場 芝2000m 良

クッション値:10.0(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ラーゴム 2.01.0 3-3-3-2(先行) 35.4
ヨーホーレイク 2.01.0 クビ 9-9-9-9(中位後) 34.9
ランドオブリバティ 2.01.6 3  1/2 10-10-10-10(後方) 35.3

レースの上り:35.6


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.01.0 35.6 13.1 11.6 12.7 12.0 11.8 11.9 12.3 11.9 11.5 12.2
過去平均 2.01.41 35.3 12.8 11.4 12.9 12.7 12.3 12.0 11.9 11.7 11.6 12.1
0.3 0.3 0.2 -0.2 -0.7 -0.5 -0.1 0.4 0.2 -0.1 0.1

 

※ 今年の「きさらぎ賞」は中京開催なので、過去の平均がないため、中京芝2000mの古馬2勝クラスの良馬場平均21鞍分を比較対象とした。

冬の中京開催も最終週となり、芝の状態はかなり傷んでいた様子。

そんな中で、スローペースになることが多い中京芝2000mの上り基調の前半において、このレースの前半、特にLap4、Lap5はそこそこ速いラップを刻んでいる。

その分、ペースアップして行く下り基調の後半部分のラップがややおとなし目。

しかしそこでひと息入ったのか、急坂部分のLap9は11.5秒で駆け上り、最後の200mも12.2秒でまとめた。

荒れた馬場状態を考えても、道中は決して楽なペースではなかったのではないか。

レース全体としては、そこそこのスタミナ、パワーは要求されていたように思う。


回顧

1着は3番人気のラーゴム。

道中は3番手、4角は2番手で直線に向くと、直線では坂の上りで先頭を捉えると、ゴール前外から追い上げてきたヨーホーレイクの強襲を振り切ってゴール。

馬場も展開もこの馬には合っていた感じだが、それでも抜群の安定感。

持久系能力の高さを示した。

ラーゴムの分析

 

2着は2番人気のヨーホーレイク。

道中は後方で脚を溜めて、4角も後方9番手の外。

直線も馬群の外を鋭く伸びては来るが、クビ差届かず2着。

終いの安定感は大したものだが、この展開、大外から追い込んで来たのなら差し切りたかった。

ラーゴムのスタミナが優ったのか? この馬の末脚が劣ったのか?

ヨーホーレイクの分析

 

3着は1番人気のランドオブリバティ。

スタート直後に挟まれてポジションは取れず、道中は馬群から離れた後方から。

3~4角でペースを上げて、4角では前の馬群に追いついて、4角10番手で直線に向く。

直線も馬群の外目から追い上げてくるが、長く脚を使っていた分最後の脚色は冴えず3着まで。

逸走せずにしっかりと4コーナーを回ってこれたことは良かったが、そんなことに満足しているレベルの馬ではないはず。

やはりこの馬、前に行ってナンボ。

次走に期待。

ランドオブリバティの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)