結果

第69回 神戸新聞杯(G2)

2021年 9月26日(日)

中京競馬場 芝2200m 不良

クッション値:9.9(標準)

9月26日 中京競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ステラヴェローチェ 2.18.0 9-8-9-9(後方) 35.6
レッドジェネシス 2.18.0 1/2 7-8-7-6(中団後) 35.9
モンテディオ 2.18.5 3 2-2-2-2(先行) 36.8

レースの上り:36.5


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11
今走 2.18.0 36.5 13.1 11.4 12.5 13.6 13.2 12.8 12.5 12.4 11.9 12.2 12.4
過去平均 2.13.15 35.6 12.6 11.4 11.6 12.8 12.6 12.3 12.1 12.1 11.8 11.7 12.2
0.9 0.5 0.0 0.9 0.8 0.6 0.5 0.4 0.3 0.1 0.5 0.2

今年の「神戸新聞杯」は昨年に引き続き中京開催ということで、参考値としての過去平均を、中京芝2200m、古馬2勝クラスのレース12鞍の良馬場平均を掲載した。

まあ見ての通り、不良馬場ということで、レースの流れはかなり遅いものとなっている。

中京の芝2200mというコース形態が前半は上り基調ということもあり、不良馬場を考慮に入れても、まだ緩い流れだったように感じる。

その分後半は、特に上り3FはLap9で11.9秒というラップも出ており、各馬そこそこの余力を持って、上りの600mを迎えたのだろう。

レースとしては、不良馬場ではあったが、最後はバテ比べというようなレースにはならず、不良馬場でのスローの瞬発力勝負、もっぱら道悪適正だけが求められたレースになったのではないか?

回顧

1着は2番人気のステラヴェローチェ。

道中後方8~9番手から、4角も9番手の外寄りで直線に向き、直線は馬群の中ほどから追い出しにかかり、坂を上って残り200mで先に抜け出していたレッドジェネシスを射程圏に収めると、あとはレッドジェネシスをゴール前で捉え、半馬身離して勝負を決めた。

上りはメンバー最速の35.6秒。

内から伸びたレッドジェネシスを、外よりを回りながらきっちりと差し切るあたり、着差以上の強さを見せた。

実力も上位クラスだっただけに、道悪適正の高さを加味して盤石の勝利といったところか。

ステラヴェローチェの分析

 

2着は5番人気のレッドジェネシス。

道中は中団の後ろあたりだが、位置取りは内。

4角も6番手の内で直線に向くと、直線は内に進路を取って早めに抜け出してくるが、ゴール前でステラヴェローチェに並ばれると、応戦する間もなく交わされての2着。

コース取りはこちらの方がいくらか有利だっただけに、着差ナシでも完敗と言っていいだろう。

レッドジェネシスの分析

 

3着は8番人気のモンテディオ。

道中は2番手追走。

4角も2番手で直線に向き、直線の入り口では早くも先頭。

坂を上りきったあたりでレッドジェネシスに交わされるが、それでもそこからしばらくは食らいついてはいた。

残り100mあたりでステラヴェローチェに交わされてからは、ちょっと息が上がったように遅れ始めたが、ズルズルとは行かずに3着は死守した。

この馬の場合、まだまだ成長途上で「体が使い切れていない」というレース後のコメントも出ている。

この先の成長には大きな期待が持てそう。

モンテディオの分析

 

1番人気のはシャフリヤールは4着。

道中は中団の外、5~6番手を追走。

4角も6番手の外ながら、先頭との差は3馬身ほどの射程圏。

直線も馬群の外目から追い込んではくるが、先頭との差はなかなか詰まらない。

結局最後はバテ気味のモンテディオさえ捉えきれずに4着に終わった。

「良馬場でこそのタイプ」とはレース後の鞍上の談話。

うーん・・・。

ちょっと寂しい4着ではある。

シャフリヤールの分析

 

3番人気のキングストンボーイは5着。

道中は中団やや後ろの7番手あたり。

シャフリヤールをしっかりとマークしているといった感じ。

4角もシャフリヤールの後ろ、8番手の外で直線。

直線はシャフリヤールの外から追い出しにかかるが、伸びは平凡。

先頭はおろか、シャフリヤールさえ捉えきれずに5着まで。

この馬の場合、道悪がダメと言うより、まだ力が伴っていない印象。

キングストンボーイの分析



 

関連記事(一部広告を含む)