結果

2021年 11月14日(日)

第57回 福島記念(G3・ハンデ)

福島競馬場 芝2000m 良

11月14日(日)福島競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
パンサラッサ 1.59.2 1-1-1-1(逃げ) 37.6
ヒュミドール 1.59.8 4 6-6-6-6(中団前) 35.6
アラタ 1.59.9 1/2 9-9-10-9(中団) 35.3

レースの上り:37.6


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.2 37.6 11.9 10.8 10.9 11.9 11.8 11.9 12.4 12.4 12.1 13.1
過去平均 1.59.68 36.1 12.4 11.3 11.6 12.3 12.2 11.9 11.9 11.9 11.8 12.4
1.5 -0.5 -0.5 -0.7 -0.4 -0.4 0.0 0.5 0.5 0.3 0.7

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

見ての通りの前傾ラップ。

前半1000mの通過が57.3秒。

しかし、Lap7~Lap8の400mでしっかり息が入っている。

後続はこの区間でスパートをかけてパンサラッサを追い、残り400mでは一旦後続との差は詰まったのだが、Lap9では再度加速して、再度後続を7~8馬身突き放した。

最後の200mはさすがに13.1秒を要したが、なし崩し的に脚を使わされた後続の馬は、もうパンサラッサに迫ることはできない。

まさに絵に描いたような「大逃げ」が鮮やかに決まったわけだが、あの前傾ラップで消費したスタミナを、Lap7~Lap8の400mの区間できっちりと回復させて再スパートにつなげたあたり、パンサラッサのスタミナと底力は大したもの。

回顧

1着は5番人気のパンサラッサ。

見事な大逃げを炸裂させての1着。

スタミナはあるが、スピードの持続力には少し不安のある馬。

そういう馬が、持てるスタミナをフル活用した見事な勝利。

パンサラッサの分析

 

2着は6番人気のヒュミドール。

道中は後方集団の先頭、6番手あたり。

4角は中団あたりの6番手で直線に向き、直線は馬群の外めから追い上げてはくるが、逃げるパンサラッサは遥かに遠い。

まあ、この馬の好きな展開にはなったが、今回だけはどうしようもない。

ヒュミドールの分析

 

3着は1番人気のアラタ。

道中は後方集団の真ん中あたり、9~10番手。

4角は9番手の大外を回して直線に向き、直線も馬群の外目から上り最速の脚で追い込んではくるが、2着にも届かない。

連勝は4連勝で途切れたが、力はしっかりと示した。

今回は仕方がない。

アラタの分析

 

2番人気のココロノトウダイは16着。

道中は後方集団の後ろの方。

4角も後方15番手で直線に向くが、直線ではいいところなし。

レースの展開は前傾だったが、この馬の位置取りくらいならそんなに速いペースでもなかったはず。

おそらくレース後半のペースの緩急に戸惑ったのだろう。

まだまだOPでのクラス慣れが必要だろう。

ココロノトウダイの分析

 

3番人気のステイフーリッシュは4着。

道中は先頭とはかなり離れた4番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は残り200mで2番手に進出して先頭を追ったが、ゴール前で甘くなって2頭に交わされた。

トップハンデ57.5キロを背負ってこの流れ。

よく頑張った方ではないか。

ステイフーリッシュの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)