結果

第55回 報知杯フィリーズレビュー(G2)

阪神 芝1400m 良

クッション値:9.4(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
シゲルピンクルビー 1.20.7 6-7(中団前) 35.1
ヨカヨカ 1.20.8 クビ 5-4() 35.3
ミニーアイル 1.20.9 1 15-15(後方) 34.6

レースの上り:35.5


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7
今走 1.20.7 35.5 12.1 10.5 11.1 11.5 11.5 11.8 12.2
過去平均 1.22.04 35.7 12.2 10.7 11.5 11.9 11.7 11.7 12.3
-0.2 -0.1 -0.2 -0.4 -0.4 -0.2 0.1 -0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去7走))

過去のこのレースと比較して、道中のラップは明らかに流れており、それでいて上り時計も悪くはない。

しかし、今開催の阪神の馬場の速さも考え合わせると、例年並みの前傾ラップ。

前に行った馬には底力、控えた馬には持続力が求められたレースとなった。


回顧

1着は8番人気のシゲルピンクルビー。

道中は中団の前目、ポジションは内。

4角も中団の前7番手で直線。

直線は内目から進路を探しつつ、馬群の外に進路が開くと、坂の上りで一気の伸び脚。

先に抜け出していたヨカヨカをクビ差交わしてゴール。

なかなかのスピード持続力を示した。

 

2着は2番人気のヨカヨカ。

道中は先団4~5番手。

4角も4番手で直線に向き、直線は坂の上りで先頭に立つが、ゴール前クビ差交わされて2着。

昨年の5着に入った「ファンタジーS」くらいは走っている。

「ファンタジーS」のレースの上りは34.8秒、そして今回は35.5秒。

心肺能力は良いものを持ってそうだが、キレでは劣る。

 

3着は11番人気のミニーアイル。

スタートひと息で道中は後方から。

4角は15番手の外から直線に向き、直線は馬群の外から一気の追い上げ。

メンバー2位の34.6秒の脚で突っ込んでくるが、3着までが精一杯。

毎度スタートが悪いので、現状ではこの競馬が精一杯だろう。

終いは確実に繰り出してくるので、あとはスタート次第。

 

1番人気のオパールムーンは9着。

出遅れて道中は最後方。

4角も最後方から直線に向き、上り最速34.5秒の脚で追い上げて来るが、半分交わすのが精一杯。

位置取りが後ろ過ぎ。

これではいくらなんでも届かない。

 

3番人気のエルカスティージョは5着。

この馬も道中は後方。

4角も後方16番手で直線に向くが、この馬は進路を内に取り、馬群の間を割って伸びてはきている。

キャリア2戦目としてはまずまずの走り。

 

 



関連記事(一部広告を含む)