結果

第54回 ステイヤーズS(G2)

中山競馬場 芝3600m 15頭

馬場状態:稍重(小雨)

クッション値:9.9(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
オセアグレイト 3.52.0 3-3-3-3(先行) 34.8
タガノディアマンテ 3.52.0 1-1-1-1(逃げ) 35.2
ポンデザール 3.52.3 1  1/2 3-3-3-3(先行) 35.0

レースの上り:35.2

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10 Lap11 Lap12 Lap13 Lap14 Lap15 Lap16 Lap17 Lap18
今走 3.52.0 35.2 13.3 12.4 14.1 13.5 12.9 12.3 13.0 13.7 13.0 13.5 14.1 13.8 13.0 12.2 12.0 11.4 11.4 12.4
過去平均 3.45.89 36.1 13.1 11.7 13.2 12.7 12.3 12.6 12.8 13.1 12.9 12.7 13.2 12.9 12.6 12.1 12.0 12.0 11.8 12.3
-0.9 0.2 0.7 0.9 0.8 0.6 -0.3 0.2 0.6 0.1 0.8 0.9 0.9 0.4 0.1 0.1 -0.6 -0.4 0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

近年まれに見る超スローペース。

前半も中盤もとにかく緩い。

しっかり走ったのは最後の1000mだけ。

走破時計の3.52.0は、2011年にマイネルキッツが不良馬場で計時した3.50.8よりもまだ遅い。

なので結果も前にいた3頭の馬で決着。

長距離適正さえあれば、あとは前に行ったもん勝ち、と言うレース。

回顧

1着は7番人気のオセアグレイト。

道中は3番手。

4角3番手から、直線は逃げ粘るダガノディアマンテゴール前ギリギリのところで捉えて差し切った。

距離は長ければ長いほど良い馬。持ち前の先行力が生きたレース。

上りがかからないと厳しいかと思っていたが、それ以前の問題だった。

オセアグレイトの分析

 

2着は8番人気のダガノディアマンテ。

序盤は中団あたりにポジションを取っていたが、あまりの遅さに耐えかねたのか、1000mを過ぎたあたりでハナに立った。

これまでは終いを生かす競馬がメインだったが、今回はこの戦略がドンピシャ。

急坂に不安のある馬だけに、最後の最後に甘くなった。

タガノディアマンテの分析

 

3着は1番人気のポンデザール。

この馬も、そこまで前に行く馬ではないが、1000mを過ぎたあたりから徐々に順位を上げて、道中は3番手あたりを追走した。

4角は勝ったオセアグレイトの外。

直線もオセアグレイトと一緒に上がってきたが3着まで。

初めての3000m以上の距離でも力は示した。

ポンデザールの分析

 

 

【スポンサーリンク】