結果

第71回 チャレンジカップ(G3)

阪神競馬場 芝2000m(内)11頭

馬場状態:良

クッション値:9.6(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
レイパパレ 1.59.9 2-2-2-1(先行) 34.4
ブラヴァス 2.00.1 1  1/2 4-5-6-6(中団) 34.1
ヒンドゥタイムズ 2.00.2 1/2 4-4-5-3(中団前) 34.4

レースの上り:34.4


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 1.59.9 34.4 12.8 11.7 12.8 12.8 11.9 12.1 11.4 11.1 11.4 11.9
過去平均 1.58.67 34.9 12.6 11.4 12.6 12.1 11.6 11.8 11.6 11.4 11.5 12.0
-0.5 0.2 0.3 0.2 0.7 0.3 0.3 -0.2 -0.3 -0.1 -0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去3走))

スローの上り勝負。

阪神の内回りの2000mだけに、このペースだと中団あたりにいないと勝負にならない。

が、それ以前に、11頭立てながらメンバーレベルがかなり手薄。

実力馬が順当に上位に来たが、特に見どころのないレースとなった。


回顧

1着は1番人気のレイパパレ。

序盤は少し行きたがる面を見せたものの、うまくなだめて、4角では早くも先頭。直線でも特に危なげなく押し切って快勝。

これで5連勝、重賞初勝利となったが、今回の勝利はメンバーレベルも低低調で、走破時計も含めて、特に強調材料はなかった印象。

次を計る物差しにはあまりならない。

レイパパレの分析

2着は2番人気のブラヴァス。

道中は中団あたり。

最後は上りメンバー最速の脚で追い込んでくるが、先に抜け出していたヒンドゥタイムズを交わすのが精一杯。

今回の流れではここまでだろうが、何か今一つ物足りない印象。

ブラヴァスの分析

 

3着は3番人気のヒンドゥタイムズ。

道中は中団の前あたり。

4角では3番手まで押し上げて直線に向くが、最後はブラヴァスに交わされて3着。

終いのキレがそうある馬ではないので、この展開ではここまでだろう。

ヒンドゥタイムズの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)