結果

第55回 京王杯2歳ステークス(G2)

東京競馬場 芝1400m 良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
タイセイビジョン 1.20.8 (R) 6-6(中団後) 33.5
ビアンフェ 1.21.1 2 1-1(逃げ) 34.4
ヴァルナ 1.21.4 2 4-3(中団) 34.3

レース上り:34.1

ラップ分析

1着タイム 上り3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7
今走 1.20.8 34.1 12.4 11.1 11.4 11.8 11.3 11.3 11.5
過去平均 1.22.5 33.8 12.6 11.5 12.2 12.4 11.4 11.0 11.4

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

前半が過去の平均よりもだいぶ速いペースだったのが分かる。

その分上りはかかっているものの、平均と比べて大きな落ち込みはない。

これがレコードを記録した大きな要因。

今の東京競馬場の芝が速いということもあるが、それでもやはりスピード持続力が求められたレースだったと言える。

レース回顧

勝ったタイセイビジョンは前半でかなりかかっていた様子。

それを抑えながらも直線では33.5秒の脚を繰り出すあたり、一頭だけ次元の違う走りのように見えた。

2着のビアンフェは速いラップを自ら刻み、残り100mまでは先頭で粘ってみせた。

前走の「函館2歳S(G3)」と着順が入れ替わった感じだが、この馬のSP持続力も大したものだが、この先距離が延びでどうか。