ヴェールランスのキャリアはまだ2戦だけなので、近走のみを振り返る。

ヴェールランスのここまでの走り

21/10/2 2歳新馬

中京 芝2000m 良

着順:1着(2.01.8・-0.1差)

騎手:藤岡祐介(55キロ)

3枠3番から道中は先団3番手追走。

4角も3番手で直線に向くと、直線は坂の上りで先頭に立つと、内で食い下がるテンダンスを半馬身はなしてゴール。

新馬戦としては走破時計も優秀。

順調な立ち上がり。

21/12/11 エリカ賞(2歳1勝C)

阪神 芝2000m(内)良

着順:2着(1.59.7・クビ差)

騎手:藤岡祐介(55キロ)

7枠9番から道中は先団4番手を追走。

4角も4番手の内で直線に向くと、直線は坂下で逃げ粘るジャマンを交わして先頭に立つが、ゴール前は外から追い上げて来たサトノヘリオスとの叩き合い。

惜しくもクビ差交わされての2着。

勝ったサトノヘリオスの走破時計は2歳レコードとなる1.59.7。

この馬としては、最後は切れ負けした格好だが、2歳戦としては速い流れを先団から粘り込んで、クビ差の2着なら上出来だろう。

【期待される能力】

  • スピード持続力

ヴェールランスの脚質

先行脚質。

前々からの押し切り。

スピードの持続力はそこそこありそうな感じ。


ヴェールランスの血統背景

父はキタサンブラック(サンデー系ブラックタイド/菊花賞、春天連覇、ジャパンカップ、大阪杯、秋天、有馬記念)。

母は2016年の桜花賞馬、ジュエラー

母の父はヴィクトワールピサ(サンデー系ネオユニヴァース/皐月賞、有馬記念、ドバイワールドカップ)。

近親にはワンカラット(フィリーズレビュー、函館スプリントS、キーンランドC、オーシャンS)。

血統内のクロスには、サンデーサイレンスの3×4がしっかりと入っている。

次走、京成杯(G3)に向けて

次走は1月16日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「京成杯(G3)」。

中山の芝2000mは合っていそう。

前々で流れに乗れれば、上位食い込みも十分ある。

 

⇒その他、2022・京成杯の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)