アンブレラデートのキャリアはまだ3戦だけなので、前走のみを振り返る。

アンブレラデートの前走

21/2/21 3歳1勝クラス

阪神 芝1400m(内)良

着順:2着(1.20.7・0.2差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

6枠6番からハナへ。

道中そこそこ速いラップを刻み、4角も先頭で直線。

直線も後続を1~2馬身離して逃げ切りを計るが、ゴール前、勝ち馬に内をすくわれて2着。

しかし3着には2馬身半つけており、そこそこ速いラップを刻んで、前々で粘った持続力は評価できる。

【期待できる能力】

  • 先行力
  • SP持続力

アンブレラデートの脚質

先行力があり、しっかりと前々で戦えるので安心感はある。

1600mは長そうだが、1200m、1400mならスピードを生かして押し切りそう。


アンブレラデートの血統背景

父は2010年のダービー馬、エイシンフラッシュ

母は牝馬クラシック2冠他、G1・4勝の快速牝馬ダイワスカーレット

母の父はアグネスタキオン(サンデー系)。

偉大なるスカーレット一族を牝系に持つ良血だが、ダイワスカーレットからはまだ目立った重賞勝ち馬は出ていない。

アンブレラデートの次走

次走は3月14日(日)、阪神競馬場 芝1400m(内)で行われる「フィリーズレビュー(G2)」。

前走同舞台での2着の走りが印象的。

同じくらい走れれば上位食い込みも期待できるが、中2週のローテが少し心配。

 

その他、フィリーズレビュー(G2)の注目馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)