2021年5月30日【東京優駿】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シャフリヤールの好走パターンを分析。

シャフリヤールの距離適性

シャフリヤールはこれまでに芝1800~2400mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-0-1-0)
  • 芝2400m(1-0-0-0)

2400mまでは適性を示した。

しかしそれ以上は未知の領域。

シャフリヤールの脚質

好位抜け出し、中団あたりからの差しと、どこからでも競馬はできる。

スピードの持続力、終いのキレは、双方ともかなり高いレベルにありそう。

シャフリヤールのコース適正

シャフリヤールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(1-0-1-0)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(1-0-0-0)
  • 小倉(未)

シャフリヤールの持ち時計(ベストタイム)

シャフリヤールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.43.9 1着(阪神)※レコード
  • 芝2400m:2.22.5 1着(東京)

高速決着は問題なさそう。

シャフリヤールの重馬場適正

シャフリヤールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

兄のアルアインはそこそこはこなしが、この馬はどうか。


シャフリヤールの鉄砲実績(休み明け)

シャフリヤールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-1-0)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

シャフリヤールのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(1-0-0-0)
  • 中6~8週(1-0-0-0)

シャフリヤールの枠順適正

シャフリヤールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(未)
  • 5~9番(1-0-0-0)
  • 10~14番(2-0-1-0)
  • 15~18番(未)

シャフリヤールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-1-0)
  • 3~5月(春):(2-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(未)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-0)

シャフリヤールの斤量別着度数

  • 55キロ(1-0-0-0)
  • 56キロ(1-0-1-0)
  • 57キロ(1-0-0-0

シャフリヤールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 444~450キロ

シャフリヤールの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)。

母の父はエッセンスオブドバイ(ナスルーラ系ボールドルーラー)。

エッセンスオブドバイは米国、ドバイで走り、ダートのマイル、中距離で活躍。

全兄に2017年の「皐月賞」、2019年の「大阪杯」を勝ったアルアイン

シャフリヤールのここまでの走り

20/10/25 2歳新馬

京都 芝1800m(外)良

着順:1着(1.49.9・クビ差)

騎手:福永祐一(55キロ)

道中は中団あたりから、3角手前で順位を押し上げ、4角は4番手の外で直線。

直線では先に抜け出していたヴィヴァンをゴール前きっちり交わしてゴール。

ゴール前の伸びはなかなか良かったが、走破時計、上り時計は至って平均的。

当日の馬場は若干時計がかかっていたが、パンパンの良馬場ならさらにい良いかも。

21/2/14 共同通信杯(G3)

東京 芝1800m 良

着順:3着(1.48.0・0.4差)

騎手:福永祐一(56キロ)

道中は中団の後ろ。

道中は終始外目を回り、4角も8番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げてくるが、3着まで。

外枠11番からの発走で、位置取りが終始外目。その分の不利を考えても2~5着は横一線と言った印象。

2021年 共同通信杯(G3)のラップ分析&回顧

21/3/27 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m(外)良

着順:1着(1.43.9・クビ差)※レコード

騎手:川田将雅(56キロ)

スタートはやや出遅れるが、二の脚で先団に取りついて行く。

道中は4番手、4角も4番手の内で直線。

直線入口ではやや前が詰まって追い出しを待たされたが、前が開いてからはスッと抜け出して力強い伸び、外からのグレートマジシャンの猛追を凌ぎ切ってゴール。

スピードの持続力、終いのキレ味は、双方ともかなり高いレベルにありそう。

2021年 毎日杯(G3)のラップ分析&回顧

21/5/30 東京優駿(G1)

東京 芝2400m 良

着順:1着(2.22.5・ハナ差)

騎手:福永祐一(57キロ)

道中は中団で、前にエフフォーリアを見るかたちでレースを進めた。

4角は中団9番手の中ほどで直線に向いた。

直線入口では進路がうまく取れず、馬群を縫うように上がってくるが、坂の途中で進路が開けると、そこからの伸びがハンパない。

残り200mで先に抜け出していたエフフォーリアを射程圏に捉えると、残り100mで並びかけ、そこからゴールまではま壮絶な叩き合いでエフフォーリアも抜かせない。

結局、二頭ほぼ同時にゴール板を駆け抜けたが、シャフリヤールがハナ差制しての勝利。

直線で、進路が開けてからのあのキレ味は、ディープ産駒のキレモノの中でも、トップクラスのキレ味ではないか。

2021年 東京優駿(日本ダービー・G1)のラップ分析&回顧

次走、神戸新聞杯(G2)に向けて

次走は9月26日(日)、中京競馬場 芝2200mで行われる「神戸新聞杯(G2)」。

約4か月ぶりの競馬になるが、問題ないだろう。

前哨戦だが、このメンバーならきっちり勝って次に進みたいところ。

 

⇒その他、2021・神戸新聞杯(G2)の注目馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)