2020年8月16日【小倉記念】終了時点までのデータをもとに、サトノガーネットの好走パターンを分析。

サトノガーネットの距離適性

サトノガーネットはこれまでに芝の1600~2400mの距離に使われてきた。

それぞれの内訳は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-2)
  • 芝1800m(2-2-1-6)
  • 芝2000m(2-1-0-3)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-1)

1600m以外では、データの上では、これくらいの距離ならすべてが守備範囲のような印象を持つが、少し注意したい点もある。

芝1800mの2勝は未勝利戦と500万条件でのもの。上級クラスではいまだ勝ち鞍はない。

また、芝1800mでのベストタイムも1000万条件のハンデ戦のレースで計時した1.45.9。ハンデは最軽量の51キロ。このときの着順は0.2差の3着だ。

また、それ以降の芝1800mのレースは3鞍消化しているが、最高順位は2着。そのときのタイムは1.49.2。あと少しで1分50秒に届く遅さだ。

1600万条件勝ち上がりのレースで、レース後ルメール騎手が残したコメントは;

「距離的には2000~2400mあたりがベストでは?」

というもの。

この馬の現状での適距離は芝2000~2400mあたりか。

サトノガーネットの好走パターン

脚質

サトノガーネットは末脚を生かす競馬で勝ち上がって来ている。

スタートがあまり速い馬ではないので、位置取りがどうしても中団の後ろ~後方になるが、最後の直線では鋭い脚を繰り出せる。

コース(競馬場)適正

サトノガーネットの競馬場別の着度数は次の通り;

  • 函館(1-0-0-0)
  • 札幌(0-0-0-1)
  • 東京(0-0-0-3)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(1-2-1-4)
  • 阪神(2-0-0-4)
  • 小倉(0-1-0-0)

関東圏への遠征競馬が少なく、着順も悪い。

たまたまかもしれないが、東京、中山でのレースには注意が必要。

他には左回りが(1-0-0-4)だが、2019年の「中日新聞杯(G3)」を勝っていることから、あまり気にする必要はないだろう。

時計

サトノガーネットの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.4 13着(東京)
  • 芝1800m:1.45.4 8着(東京)
  • 芝2000m:1.57.7 2着(小倉)
  • 芝2200m:2.14.9 9着(京都)
  • 芝2400m:2.26.2 1着(阪神)

2000mの時計はそこそこ速いが、着順が良いのはメンバーに恵まれた印象が強い。

時計の出る軽い芝は、あまり向かないのでは。

重馬場

サトノガーネットの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 不良(0-0-0-1)

道悪競馬はいずれも東京競馬場への遠征競馬。

馬場が敗因ではない可能性もある。

休み明け

サトノガーネットの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(2-0-1-0)
  • 4戦目(1-0-0-2)
  • 5戦目(0-1-0-5)

ローテーション的には中1~2周が(2-2-1-3)で、詰めて使うと結果を残している。

その他

馬体重が440キロそこそこと小柄な体型だけに、大幅に馬体を減らしているケースでは注意が必要。

また斤量も、54キロまでが(4-1-1-7)、55キロからが(1-2-0-6)。軽量馬だけに、斤量負けのおそれもある。

サトノガーネットの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系)、母の父はヴィクトリーノート(ND系)。

母の父は欧州で走り、マイルG1で1勝している。

サトノガーネットの近走

19/5/18 オーストラリアT(1000万下)京都芝1800m 2着(クビ差)

走破時計が1.49.2とかなり時計がかかっている。

3回京都開催の9日目とあり、芝の状態にもかなりの傷みが生じていたことも事実。

ゴール前、外をついて伸びたサトノガーネットが、トラックバイアス(内外の馬場差)の恩恵を受けた感もある。

19/6/9 三田特別(1000万下) 阪神芝2400m 1着(0.1差)

距離が一気に伸びて2400m。それでも後方から素晴らしい差し脚を繰り出した。

意外とこれくらいの距離が一番合っているような印象も受ける。

19/7/6 五稜郭S(1600万下)函館芝2000m 1着(ハナ差)

超スローの中団の後から、4角は大外を回して直線も外からの差し切り。

開催最終日となって、芝の傷みも目立ち、外差しが効く馬場状態。

時計も遅く、メンバーも手薄。

19/7/28 クイーンS(G3)札幌芝1800m 6着(0.4差)

オープン初戦。

位置取りはいつもより若干後ろ。

直線は内から伸びてはいるものの、「これから伸びる」というところがゴール。

1800mで短い直線ではちょっと戦い辛そう。

19/10/14 府中牝馬S(G2)東京芝1800m 稍重 8着(0.9差)

出遅れて最後方からの競馬。

この日は稍重馬場にも関わらず、テンから速いペースで推移。

オープンクラスでのこのペースでは、追走にかなり手こずっている様子。

直線では脚は使っているが、あの位置取りでは勝負にはならない。

この馬の適距離は、2400m前後ではないか?

19/11/10 エリザベス女王杯(G1)京都芝2200m 9着(0.8差)

中団やや後方からのいつものスタート。

しかしこの日は超スローの展開。

道中位置取りが10番手以降の馬に出番はなかった。

上りはメンバー2位の33.2秒の脚は使っているのでデキ落ちはない。

近走成績がイマイチだけに、次走相手関係が手薄になっても人気を下げるようなら、適距離で狙い目。

19/12/7 中日新聞杯(G3)中京芝2000m 1着(アタマ差)

いつものように後方から。直線外に出して追い込む。

脚がある分53キロの軽ハンデが効いた。

しかし、次からはもうハンデの恩恵はなくなるだろう。

ハンデ戦も含めて次が正念場。

20/1/19 日経新春杯(G2・ハンデ)

京都 芝2400m 良 14頭

着順:6着(2.27.6・0.7差)

騎手:坂井瑠星(55キロ)

もっさりとしたスタートで位置取りは後方10番手あたり。

4角は外を回って直線へ入る。

直線では馬場の外目を追い出して、ジワジワとは伸びてくるが6着まで。

自身の上りは34.8秒でメンバー3位。

他の馬と違った脚を繰り出すには、やはり斤量面での恩恵が必要か?

20/3/15 金鯱賞(G2)

中京 芝2000m 良 12頭

着順:11着(2.02.9・1.3差)

騎手:岩田望来(54キロ)

いつものように後方から。

ペースは超スローでレースの上りが33.8秒では、この位置取りではノーチャンス。

20/4/11 阪神牝馬S(G2)

阪神 芝1600m(外)良 16頭

着順:9着(1.33.6・0.7差)

騎手:川島信二(54キロ)

大外16番から出遅れて後方から。

4角は大外を回して追い込んでくるが、この位置取りからでは厳しかった。

初めての1600m戦だったが、忙しそうな感じ。

20/5/17 ヴィクトリアマイル(G1)

東京 芝1600m 良 18頭

着順:13着(1.32.4・1.8差)

騎手:吉田豊(55キロ)

いつものように後方からだが、直線も切れる脚は出せず。

当日は-12キロで428キロ。

長距離輸送が応えたのだろう。

20/6/14 エプソムC(G3)

東京 芝1800m 不良

着順:9着(1.49.0・1.3差)

騎手:吉田豊(54キロ)

道中はいつものように後方から。

この馬場では、さすがに後ろからでは背負にならない。

20/8/16 小倉記念(G3・ハンデ)

小倉 芝2000m 良

着順:2着(1.57.7・0.2差)

騎手:松山弘平(55キロ)

道中は後方から、直線は馬場の大外から差し切る競馬。

このレースは展開以外に天候も影響したと思うが、

2020年 小倉記念(G3)のラップ分析&回顧

いずれにせよ、体重を440キロ台に戻して、好きな夏場の競馬で弾けたのだろう。

サトノガーネットの次走

次走は9月6日 新潟競馬場 芝2000mで行われる「新潟記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは引き続き55キロ。

得意の末脚を生かしやすい新潟コース。

調子は良さそうなので、引き続き期待は持てるが、長距離輸送が少し心配。

当日の馬体重には要注意。

 

その他、新潟記念の出走馬を分析