ダイワクンナナのキャリアはまだ1戦だけなので、近走の走りだけを振り返る。

ダイワクンナナの近走

19/11/10 2歳新馬 11頭立て

東京 芝1600m 良

着順:1着(-0.4差)騎手:北村宏司(54キロ)

スタート後3頭でハナ争いをするも、相手が譲らないのでスッと引いて3番手から追走。

直線を向くと外からジワジワ先頭に迫り、残り200mからは後続をちぎって余裕のゴール。

2着エルメールには3馬身1/2をつける圧勝。

調教ではOP馬と併せて引けをとらない走りを見せていた。

お母さんはあのダイワスカーレット。

今後に期待。

ダイワクンナナの次走

次走は中山の「フェアリーS(芝1600m・G3)」。

この重賞は、キャリア1戦の馬でもそこそこ走る。