2021年10月17日【秋華賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、アナザーリリックの好走パターンを分析。

アナザーリリックの距離適性

アナザーリリックはこれまでに芝1600~2000mの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-1-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-0)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

1600~1800mがベストで、2000mはギリギリ? という見立て。

アナザーリリックの脚質

中団あたりで脚を溜めて、終いを伸ばす競馬。

終いの脚はそこそこ確実。

アナザーリリックのコース適正

アナザーリリックの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(2-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(1-1-0-0)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-1)
  • 小倉(未)

アナザーリリックの持ち時計(ベストタイム)

アナザーリリックの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.4 7着(東京)
  • 芝1800m:1.45.2 1着(新潟)
  • 芝2000m:2.01.8 7着(阪神)

千八の時計は速いが、斤量は52キロ。

アナザーリリックの重馬場適正

アナザーリリックの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(未)

道悪はこなせそう。


アナザーリリックの鉄砲実績(休み明け)

アナザーリリックの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-0)
  • 3戦目(0-0-0-1)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

アナザーリリックのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(未)
  • 中6~8週(1-0-0-1)

アナザーリリックの枠順適正

アナザーリリックの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-1)
  • 5~9番(2-1-0-0)
  • 10~14番(未)
  • 15~18番(1-0-0-1)

アナザーリリックの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-0-0)
  • 3~5月(春):(1-0-0-1)
  • 6~8月(夏):(2-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

アナザーリリックの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-0)
  • 54キロ(2-1-0-0)
  • 55キロ(0-0-0-2)

アナザーリリックの好走体重

3着以内の体重は;

  • 484~486キロ

アナザーリリックの血統背景

父はリオンディーズ(ミスプロ系キングマンボ/朝日杯FS、弥生賞2着)。

母の父はサクラバクシンオー(ナスルーラ系プリンスリーギフト/スプリンターズS連覇)。

近親にポップロック(目黒記念連覇、ジャパンカップ2着)。

アナザーリリックの前走

21/3/14 アネモネS(3歳・L)

中山 芝1600m 重

着順:1着(1.34.8・-0.1差)

騎手:津村明秀(54キロ)

道中は中団の後ろ、10番手あたり。

3角あたりで早めのスパート。

3~4角は馬群の外目を追い上げて、4角は4番手の外で直線。

直線もその脚は鈍ることなく、馬群の外目からグングンと追い上げて、ゴール前、内で粘るジネストラを交わしてゴール。

前傾ラップだったこともあり、レースの上りは37.2秒。

展開に恵まれた感は否めないが、パワーと底力のあるところは示した。

21/5/9 NHKマイルC(G1)

東京 芝1600m 良

着順:7着(1.32.4・0.8差)

騎手:津村明秀(55キロ)

道中は中団9番手の内。

4角も9番手の内で直線に向き、直線もバテず伸びずだが踏ん張ってはいた。

キャリア4戦でのG1としては及第点ではないか。

2021年 NHKマイルカップ(G1)のラップ分析&回顧

21/7/31 佐渡S(3勝クラス)

新潟 芝1800m(外)良

着順:1着(1.45.2・-0.4差)

騎手:津村明秀(52キロ)

道中は後方14番手からの追走。

4角も後方13番手で直線に向くが、直線は外に進路を取って、馬群の外目からもの凄い脚で追い上げる。

残り200mあたりではすでに先頭、そこからは後続を突き放して2馬身半差の圧勝。

3歳牝馬の52キロの斤量はもちろん有利だが、この末脚は強烈。

21/10/17 秋華賞(G1)

阪神 芝2000m(内)良

着順:7着(2.01.8・0.6差)

騎手:津村明秀(55キロ)

外枠15番から道中は中団8番手の外。

道中終始外目を回って、4角も7番手の外で直線。

直線は馬群の外目からジワジワと伸びてはきているが、前を捉えるほどの脚ではなかった。

終始外目を通った距離ロスもあっただろうが、2000mの距離はギリギリかも。

2021年 秋華賞(G1)のラップ分析&回顧

次走、愛知杯(G3)に向けて

次走は1月15日(土)、中京競馬場 芝2000mで行われる「愛知杯(G3)」。

距離は微妙だが、ハンデ次第では飛んで来る可能性はある。

 

⇒その他、2022・愛知杯(G3)の出走馬を分析



 

関連記事(一部広告を含む)