結果

第55回 日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)15頭

中京競馬場 芝1600m 良

クッション値:10.6(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ピクシーナイト 1.33.3 1-1-1(逃げ) 35.2
ルークズネスト 1.33.5 1  1/4 10-9-7(中団) 34.8
バスラットレオン 3/4 2-2-2(先行) 35.5

レース上り:35.2


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.3 35.2 12.5 10.9 11.3 11.6 11.8 11.6 11.6 12.0
過去平均 1.33.20 34.9 12.4 11.2 11.3 11.6 11.8 11.4 11.5 12.0
0.3 0.1 -0.3 0.0 0.0 0.0 0.2 0.1 0.0

※今年の「シンザン記念」は中京開催なので、ラップの比較対象は、古馬重賞の「中京記念(G3)」の過去5年の良馬場平均。

道中は古馬の重賞「中京記念」と同等か、それよりも少し速いラップで推移。

そしてレースの上りも35.2秒でまとめられていて、全体的には平均ペースのやや締まった流れのレースとなった。

この日の中京競馬場の1日のレース傾向は、内は止まらず、外差しはあまり伸びていなかった。

しかし、前に行った馬が若干有利な傾向はあったにせよ、特に偏った有利不利はなく、各馬の持ち味、実力がそのまま反映されたレースとなった。



回顧

1着は4番人気のピクシーナイト。

前走の出遅れから一転して、確固たる逃げ馬がいない中、7枠12番からハナを切った。

ペースも、溜めて逃げるかたちは取らず、そこそこ流して行ったこともこの馬には良かった。

ピクシーナイトの分析

 

2着は8番人気のルークズネスト。

スタートは出遅れてはいないもののあまり良いスタートではなく、序盤は中団の後ろあたり。

序盤は少し行きたがっていたが、なだめてから、徐々に順位を上げて行って4角は7番手の外。

直線は馬群の外目からジワジワと追い上げたが0.2差の2着まで。

4角は外を回って、あまり伸びない外目から追い込んだ脚は評価できる。

スタートがもう少し速ければ、際どい勝負になったかも。

ルークズネストの分析

 

3着は2番人気のバスラットレオン。

道中は2番手追走で、4角も2番手で直線。

直線もそこそこ粘ってはいるが、ゴール前でルークズネストに交わされて3着。

この馬向きの展開になったが、勝ち負けにはならず。

鞍上はコメントで前走の反動を挙げているが、レコード結着に0.5差からの中2週でもあり、それもあるかも。

バスラットレオンの分析

 

1番人気のククナは4着。

大外18番から道中は中団の後ろ。

4角も10番手で直線に向くが、いつものような脚は使えなかった。

これまでの3戦に比べて、ペースは確実に速くなっていた。

直線急坂も初めての経験でもあり、そこら辺が応えた可能性はある。

ククナの分析

 

3番人気のロードマックスは殿負け。

折り合いを欠いたとのことだが、それにしても敗けすぎ。

この馬こそ、前走の反動があったのかも。

ロードマックスの分析