結果

第56回 関屋記念(G3)

新潟競馬場 芝1600m(外)良

クッション値:9.2(標準)

8月15日 新潟競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ロータスランド 1.32.7 2-2(先行) 34.1
カラテ 1.32.9 1  1/4 7-7(中団) 34.0
ソングライン 1.32.9 クビ 7-7(中団) 34.0

レース上り:34.6


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.32.7 34.6 12.7 11.0 11.3 11.6 11.5 11.4 11.2 12.0
過去平均 1.32.16 34.6 12.4 10.9 11.3 11.5 11.4 11.5 11.0 12.1
0.0 0.3 0.1 0.0 0.1 0.1 -0.1 0.2 -0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

逃げたマイスタイルが4~5馬身離して逃げる展開だが、ペース自体はそんなに速くはない。

なので、2番手のロータスランド以降の馬は平均か、それよりさらに遅い流れだったのではないか。

直線は残り300mあたりで2番手のロータスランドがマイスタイルを捉えて先頭に立つと、そのまま押し切ってゴールした。

マイスタイルを除いてみれば、2番手のロータスランドが上り34.1秒の脚でゴールした。すなわちレースの上がりも34.1秒と言うこと。

レース全体としては、2番手以降の馬にとっては比較的ゆったりと流れたレース。

前有利、上位に食い込むには道中は中団あたりにいないと厳しい展開。


回顧

1着は4番人気のロータスランド。

道中は2番手。

離して逃げるマイスタイルを深追いせずにマイペースの2番手といったところ。

4角も2番手の内で直線に向くと、直線は残り300mあたりできっちりとマイスタイルを捉えると、あとは押し切ってゴール。

前走はコーナー4つで後手を踏んだが、今走はワンターンの新潟千六きっちりと結果を出した。

展開が向いたのは良かったが、速い時計での対応力はまたしても見れなかった。

ロータスランドの分析

 

2着は6番人気のカラテ。

道中は中団の外。

4角も7番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外目からしっかりと追い込んで2着を確保。

ソングラインを見ながらのレースになったので、位置取りが少し後ろになったか?

切れる馬ではないので、あの位置からなら2着が精一杯と言うところだろう。

カラテの分析

 

3着は1番人気のソングライン。

スタート直後に寄られる不利があったので、ポジションを少し下げざるを得なかったようす。

道中は中団の外から、4角も7番手の外で直線に向き、馬群の外目から追い上げを見せるが前は止まらない。

最後はカラテにも交わされて3着。

やはりこの馬は切れる脚はない。

不利があったのは仕方がないが、前々で競馬を進めないとこうなることもある。

ソングラインの分析

 

2番人気のシャドウディーヴァは7着。

道中は中団の内。

4角も7番手の内で直線に向くが、直線は伸びを欠いて7着どまり。

この馬、上り時計がそこそこかかってこないと厳しい馬かも。

シャドウディーヴァの分析

 

3番人気のアンドラステは8着。

道中は中団のやや後ろ、10番手あたり。

4角も10番手で直線に向き、直線は馬群の外から追い上げを計るが、バテず伸びずで8着まで。

この馬も、後ろから行くならもう少し上り時計がかかって欲しい口なのだろう。

アンドラステの分析

 



関連記事(一部広告を含む)