結果

第39回 ローズS(G2)

中京競馬場 芝2000m 良

クッション値:9.8(硬めの標準)

9月19日(日) 中京競馬場の馬場状態傾向分析(芝)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
アンドヴァラナウト 2.00.0 6-6-6-6(中団前) 33.8
エイシンヒテン 2.00.2 1  1/4 1-1-1-1(逃げ) 34.8
アールドヴィーヴル 2.00.3 1/2 8-9-9-9(中団) 33.9

レースの上り:34.6


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.00.0 34.6 13.1 10.9 12.3 12.7 12.2 12.0 12.2 11.6 11.3 11.7
過去平均 1.59.68 35.0 12.6 11.1 12.5 12.4 12.1 12.1 12.0 11.7 11.4 11.8
-0.4 0.5 -0.2 -0.2 0.3 0.1 -0.1 0.2 -0.1 -0.1 -0.1

 

(※今年の「ローズS」は昨年に続き中京競馬場の芝2000mでの開催なので、参考にする過去平均は、中京競馬場芝2000mで行われた古馬G3の過去5年の良馬場平均とした)

比較対称が古馬重賞なので、単純な比較は出来ないが、それでも今年の「ローズS」は、序盤、中盤とスローの流れで推移したことは間違いなさそう。

言うなれば、逃げたエイシンヒテンのマイペースの逃げ。

なので、どちらかと言えば前有利の展開だが、前にいた組は力不足のせいかさほど残れず、好位で競馬を進めたアンドヴァラナウトが末脚一閃、他馬を封じ込めたと言ったレース。

展開が展開だけに、中団より後ろにいた馬には出番は回ってこないレースとなった。

回顧

1着は4番人気アンドヴァラナウト。

道中は中団の前、6番手を追走。

4角も6番手の外で直線に向くと、直線は馬群の外寄りから追い上げを開始。

坂の上りで逃げるエイシンヒテンを捉えると、あとは後続を寄せ付けない走りでおよそ1馬身離して快勝。

このペースであの位置取りなら、楽勝に近い勝ちだったのではないか?

本番でも楽しみな一頭。

アンドヴァラナウトの分析

 

2着は12番人気のエイシンヒテン。

5枠10番からスタート良くハナを切った。

抜群のスタートでハナを切ったため、競る相手もなく、テンの200mが13.1秒。

労せずハナを切ることができて、あとはマイペースの逃げから直線。

直線も馬場の内目には行かず、馬場の3~4分どころをひた走る。

坂で勝ち馬に交わされてからも、道中の貯金からか脚色は衰えず、アールドヴィーヴルの強襲を半馬身差凌いで2着を確保。

気持ちよく逃げることができれば、これくらいは走る馬。

他に逃げそうな馬がいない中、12番人気はちょっと舐められすぎ。

エイシンヒテンの分析

 

3着は1番人気のアールドヴィーヴル。

馬体中をしっかり430キロに乗せてきた。

道中は中団の9番手あたり。

4角も9番手の外、勝ち馬の直後につけて直線に賭けるが、直線はイマイチ弾けきれずに3着まで。

相変わらず堅実に走ってはくるが、ここでもワンパンチが足りない印象。

アールドヴィーヴルの分析

 

2番人気のタガノパッションは12着。

道中は中団の後ろ10~11番手を追走。

4角は12番手で直線に向くが、直線ではいつもの末脚が影を潜めた。

馬体重はプラス12キロ。

調教ではかなり引っかかっていたみたいだが、本番でも力みがあったか?

展開が展開だけに、この馬の位置取り的には厳しいレースではあったが、末脚不発と言うのが不可解。

タガノパッションの分析

 

3番人気のクールキャットは11着。

道中は最後方に近い14、15番手あたりを追走。

4角は15番手の外で直線に向くが、直線ではまったく見せ場なし。

この馬も、あの位置取りからではどうにもならない。

相変わらず、あまりアテにはできない馬。

クールキャットの分析

 



 

関連記事(一部広告を含む)