結果

第56回 デイリー杯クイーンカップ(G3)

東京 芝1600m 良 16頭立

クッション値:9.2(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
アカイトリノムスメ 1.33.3 6-5(中団前) 34.4
アールドヴィーヴル 1.33.3 クビ 10-10(中団) 34.1
ククナ 1.33.4 クビ 8-7(中団) 34.3

レース上り:34.9

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.3 34.9 12.4 10.8 11.4 11.9 11.9 11.6 11.4 11.9
過去平均 1.34.10 34.8 12.5 11.2 11.6 12.0 12.1 11.5 11.5 11.8
0.1 0.0 -0.4 -0.2 -0.1 -0.2 0.1 0.0 0.1

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

レースは序盤からそこそこ流れ、前半800mで過去平均よりも0.7秒速いラップを刻んでいる。

後半もそのペースはほぼ緩むことなく最後の直線を迎え、上り3Fは34.9秒でまとめた。

瞬発力だけでは対応しきれないレース、そこそこの持久力も求められた。

回顧

1着は2番人気のアカイトリノムスメ。

道中は中団の前あたり。

4角も同じような位置取りの5番手で直線。

直線は坂を上って逃げるエイシンヒテンを交わすと、そこからアールドヴィーヴルの猛追を凌ぎ切ってゴール。

課題のスタートは満点ではないものの、そこそこのスタートは切れた。

それにより良いポジションも確保でき、先手先手のレース運びができた。

どちらかと言えば2着馬に有利な展開ではあったが、それをクビ差押し切った内容も評価できる。

これは本番へ向けて視界良好。

アカイトリノムスメの分析

 

2着は 5番人気のアールドヴィーヴル。

道中は中団、勝ったアカイトリノムスメの二つくらい後ろ。

4角はアカイトリノムスメの直後、10番手で直線。

直線は、トップスピードに入るまでに少し手間取った感じはあったが、ギアがトップに入った残り200mからはグイグイと伸びてアカイトリノムスメにクビ差まで迫った。

前走の不良馬場での破格の末脚は良馬場でも弾けたが、一瞬のキレと言うよりジワジワと加速するタイプなのかもしれない。

スローの瞬発力勝負では後手を踏む可能性もある。

位置取りはもう少し前目が欲しい。

アールドヴィーヴルの分析

 

3着は1番人気のククナ。

道中は中団、アカイトリノムスメの直後。

4角も7番手で直線に向き、アカイトリノムスメの追い出しを待って追い始めるが、その差は詰まらないどころか、ゴール前では2着馬に交わされて3着。

2着のアールドヴィーヴルと同じキンカメ×ディープの配合だが、こちらの馬はどちらかと言えばスローの方が終いを伸ばしやすい印象。

ククナの分析

 

3番人気のリフレイムは13着に沈んだ。

道中は先団5番手、アカイトリノムスメの前あたり。

4角も5番手で直線に向くが、坂下あたりからまったく伸びを欠く。

近2戦に比べて位置取りが前目になった。

そのため道中の追走速度も過去3走よりはかなり速くなっていた。

失速の原因を上げるとすればこれくらいか?

あとは気性?

リフレイムの分析

 

4番人気のステラリアは6着。

スタートしてから躓いて、後方からの競馬になった。

最後はジワジワと伸びて、上りはメンバー最速の上がりを出しているだけに、位置取りが中団あたりなら良い勝負をしていたのかもしれない。

もったいない競馬になった。

ステラリアの分析

 

 

【スポンサーリンク】