結果

第71回 ダイヤモンドS(G3・ハンデ)

東京競馬場 芝3400m 良

クッション値:8.8(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
グロンディオーズ 3.31.2 7-6-7-7(中団) 34.5
オーソリティ 3.31.2 クビ 5-3-4-3(先行) 34.8
ポンデザール 3.32.1 5 11-10-10-9(中団後) 35.3

レース上り:35.1


ラップ分析

1着タイム 序盤 前半 中盤 後半 上り3F
今走 3.31.2 51.1 50.9 38.0 36.1 35.1
過去平均 3.32.54 50.0 51.2 38.5 37.2 35.7
1.1 -0.3 -0.5 -1.1 -0.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

序盤800mはかなり緩めでスタートした感じだが、それ以降は徐々にペースを速め、残り1000mからはすべて11秒台のラップを刻み、上り3Fは35.1秒。

奇しくも走破時計は昨年とまったく同じ。

昨年がバテバテの消耗戦でスタミナ、底力が求められたレースだったのに対して、今年はスタミナとスピードの持続力が求められた上に、最後のキレ味も求められたレベルの高い「ダイヤモンドS」だったのではないか。


回顧

1着は7番人気のグロンディオーズ。

道中は中団。

4角も中団7番手で直線に向くと、直線は馬群の外目から追い出されると、先に抜け出したオーソリティをゴール前クビ差交わしてゴール。

もともと力のある馬。息さえ持てばこれくらいは走ってくる。

オーソリティとのハンデ差2キロも効いた。

グロンディオーズの分析

 

2着は1番人気のオーソリティ。

道中は先団。

4角3番手で直線に向き、直線では坂の途中でしっかりと抜け出して先頭に立ち、そのまま押し切るかと思われたが、グロンディオーズにゴール前ギリギリで交わされて2着。

好位抜け出しの王道パターンで勝ったかと思われたがあと一歩。

1番人気でハンデも56キロを背負ってこの競馬なら勝ちに等しい。

オーソリティの分析

 

3着は2番人気のポンデザール。

道中は中団の後ろ。

4角は9番手で直線に向き、直線もそこそこの脚で追い上げてくるが、2着のオーソリティには5馬身離されて3着。

流れとしてはこの馬向きだと思ったが、2着馬に5馬身差ならこれが今の実力だろう。

ポンデザールの分析

 

3番人気のヒュミドールは5着。

道中は先団3番手。

4角も3番手で直線に向き、直線も3着死守の流れは作ったが、ゴール前2頭に交わされて5着。

前走に引き続きよく走ってはいるが、このクラスではここまで。

芝転向からキャリアも浅く、まだ伸びしろはあるだろう。

ヒュミドールの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)