結果

第64回 阪急杯(G3)

阪神競馬場 芝1400m(内)良

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ベストアクター 1.20.3 10-10(中団) 34.0
※③ ダイアトニック 1.20.3 クビ 4-4(先行) 34.5
フィアーノロマーノ 1.20.4 1/2 6-7(中団前) 34.4

レース上り:34.8

※ダイアトニックは,2着に入線したが、最後の直線コースで内側に斜行してフィアーノロマーノの走行を妨害し、かつ、走行妨害がなければ被害馬が先に入線していたと認められるため3着に降着。

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7
今走 1.20.3 34.8 12.1 10.7 11.3 11.4 11.3 11.6 11.9
過去平均 1.20.7 35.3 12.2 10.6 11.1 11.5 11.5 11.6 12.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去8走))

道中はほぼ平均ペースで推移したと見て良い。

上りが過去の良馬場平均よりも優秀なのは、ダイアトニックとベストアクターの末脚が優秀だったからに他ならない。

平均ペースだけに、先団、中団、後方、どこにいた馬にも等しくチャンスがあったわけだが、そこをクビ差差し切ったベストアクターの末脚は、決してフロックではないだろう。

回顧

1着はベストアクター

2勝クラス、3勝クラスを連勝で勝ち上がって挑んだ今回。

見事重賞も制覇しての3連勝は見事。

末脚には確かなものがあったが、長距離輸送、右回りの経験がなく、いきなりの重賞はどうかと思ったが、それはどうやら杞憂に終わった。

普通ならベストアクターで決まるところを、それを外から差し切ったこの馬の末脚はやはり本物。

 

2着はフィアーノロマーノ

直線入口での不利がなければ2着していたという判断。

まあその通りかもしれないが、ダイアトニックの勝負根性も確かなものなので、交わせていたかは微妙。

 

3着はダイアトニック

道中好位で追走し、直線抜け出してくる王道の競馬。

斜向さえなければ完璧な競馬だったが、4角ちょっと窮屈になって、ぽっかり開いた内を割ろうとしたところに落とし穴。

しかし、完璧な勝ちパターンを外から差されたことの方が悔しいかも。斤量の57キロが微妙に効いていたのか?

 

4番人気のステルヴィオは5着。

スタート直後、行き脚がつかなかったが、押して行って道中は中団にポジションを取った。

しかし直線では窮屈になり、進路がなかなか定まらなかったのがこの差だろう。斤量もダイアトニックと同じ57キロ。鞍上が阪神コースに不慣れと言うのも痛かった。