結果

第23回 富士S(G2)12頭立て

東京競馬場 芝1600m

馬場状態:良

クッション値:8.6(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ヴァンドギャルド 1.33.4 6-8(中団) 34.6
ラウダシオン 1.33.6 1  1/4 3-3(先行) 35.2
ケイアイノーテック 1.33.8 1  1/4 11-11(後方) 34.7

レース上り:36.0

ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8
今走 1.33.4 36.0 12.4 10.6 10.8 11.6 12.0 11.5 12.2 12.3
過去平均 1.32.92 34.1 12.6 11.2 11.6 11.8 11.8 11.1 11.3 11.7
1.9 -0.2 -0.6 -0.8 -0.2 0.2 0.4 0.9 0.6

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去6走))

朝方まで降った雨の影響で当日は稍重スタート。

午後のレースから良馬場になるが、馬場は重たい感じで、芝の内ラチ沿いも荒れていた。

レースはスマイルカナとシーズンズギフトがハナを競り合って、前半のペースは速くなる。

ただ、3番手以降の馬はその2頭につき合わず、3番手のラウダシオンで先頭から6~7馬身離れて追走していたので、ラウダシオンで平均より少し速め、ラウダシオンから2~3番馬身離れて追走していたそれ以降の馬は、ほぼ平均ペースで追走していたのではないか。

スマイルカナが直線の残り200mまで逃げ粘ったとは言え、レースの上りは36.0秒を要した。

上位3頭はいずれも道中のコース取りで、馬場の悪い内を避けて外目を通った馬で占めた。

良馬場発表ながら、時計のかかる馬場だったことは確かで、道中のコース取りも勝敗を分けた一因となった。

回顧

1着は5番人気のヴァンドギャルド。

道中は中団で、馬場の外目を追走。

直線は残り200mで、馬群の外目から上り最速の脚で突き抜けた。

ヴァンドギャルドの位置取りなら、道中のペースもさほど速くはなく、終始馬場の良い外目を通ったことで脚も溜まったのだろう。

もともと道悪も巧く、速い時計にならなかったことも、この馬には良かった。

ヴァンドギャルドの分析

 

2着は3番人気のラウダシオン。

道中は3番手で、直線残り200mで先に抜け出したが、その外からヴァンドギャルドに交わされて2着。

馬体重+16キロは成長分としても、3歳牡馬で56キロの斤量。

直線はかなりフラフラしていたが、それでもこの着順。

今後を見据えれば、まずまずと言ったところではないか。

ラウダシオンの分析

 

3着は6番人気のケイアイノーティック。

道中は後方から。

上りのかかる展開で、きっちりと後方から脚を伸ばした。

この馬の一番得意とする展開。

きっちり嵌った。

ケイアイノーティックの分析

 

1番人気のサトノアーサーは9着。

この馬も、時計、上りのかかる展開は得意のはずだが・・・。

鞍上は道中内目を走った位置取りを敗因に挙げたが、荒れた馬場で内目の枠順が悪かったのか?

それにしても敗けすぎ。

サトノアーサーの分析

 

2番人気のスマイルカナは10着。

シーズンズギフトが引っかかったことで、前半は明らかにハイペース。これでは持たない。

それでも残り200mまで粘るんだから、やはり力のある馬。

スマイルカナの分析