結果

第61回 京成杯(G3)

中山競馬場 芝2000m 良

クッション値:10.5(やや硬め)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
グラティアス 2.03.1 3-2-3-2(先行) 34.9
タイムトゥヘヴン 2.03.5 2  1/2 1-1-1-1(逃げ) 35.6
テンバガー 2.03.7 1  1/4 5-5-5-5(中団前) 35.2

レースの上り:35.2


ラップ分析

1着タイム 後3F Lap1 Lap2 Lap3 Lap4 Lap5 Lap6 Lap7 Lap8 Lap9 Lap10
今走 2.03.1 35.2 12.6 10.9 14.0 13.3 12.9 12.3 11.9 11.9 11.3 12.0
過去平均 2.01.72 36.0 12.6 10.9 12.8 12.2 12.8 12.5 12.0 12.0 11.8 12.2
-0.8 0.0 0.0 1.2 1.1 0.1 -0.2 -0.1 -0.1 -0.5 -0.2

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

前半は14秒台が一度あるくらい、かなり緩い展開。

しかし前半1000mを63.7秒で折り返すと、次のラップ(Lap6)は0.6秒加速して、そこから一気にペースが締まってくる。

Lap9ではさらに0.6秒加速して11.3秒。

最後の坂も12.0秒のラップでまとめて上り3Fは35.2秒。

ペースアップの地点がLap6あたりからなので、一概にスローの瞬発力勝負とは言えない展開。

そこそこのSP持続力と、そして瞬発力、双方が求められたレースではなかったか。


回顧

1着は1番人気のグラティアス。

単勝3.1倍の倍率が示す通り、1戦1勝馬だけにまだ未知な面も多々あったが、この1戦でかなりその輪郭が明らかになった感じ。

道中は逃げるタイムトゥヘヴンをしっかりマーク。

途中のペースアップにも動じることなく、4角では最内を回って直線に向き、直線も内ラチ沿いをしっかり伸びて、結果的には2着馬に2馬身半の差をつける圧勝。

トラックバイアスとしては、この日の午後あたりのレースから、また内が伸び出してきたきらいはあったが、それにしても鮮やかな勝ち方。

血統の裏付けもあるだけに、この先のクラシック戦線では期待が持てそうな一頭。

グラティアスの分析

 

2着は2番人気のタイムトゥヘヴン。

1枠1番からハナに立ち、4角も良い手応えで直線に向き、直線では馬場の良い外目を選んで追い出したが、内から伸びたグラティアスにはまったく抵抗できず。

切れ味の違いをまざまざと見せつけられた格好。

タイムトゥヘヴンの分析

 

3着は6番人気のテンバガー。

道中は中団の前。

3~4角では馬群の外目から進出を開始して、4角は5番手の外で直線に向いた。

直線ではヴァイスメテオールが前でフラフラしていたために一旦加速を妨げられたが、そこから再加速しての3着。

終始外目を回っていた距離ロスもあるが、馬格のある馬なので、広いコースの方が力が出そう。

 

3番人気のタイソウは6着。

道中は2番手追走も、3~4角ではすでに手応えが怪しかった。

直線も坂下あたりでもう余力なし。

早めのペースアップには対応してきて良いはずだが・・・。

この走りはちょっと期待外れ。

タイソウの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)