結果

第69回 阪神大賞典(G2)

阪神競馬場 芝3000m(内) 重

クッション値:8.9(標準)

着順 馬名 タイム 着差 位置取り 上がり3F
ディープボンド 3.07.3 4-4-4-3(中団前) 36.9
ユーキャンスマイル 3.08.2 5 12-12-12-7(後方) 36.8
ナムラドノヴァン 3.08.3 3/4 13-13-11-10(後方) 36.8

レースの上り:37.4


ラップ分析

1着タイム 前半 中盤 後半 上り3F
今走 3.07.3 49.7 51.0 49.2 37.4
過去平均 3.04.18 48.6 50.4 49.2 36.0
1.1 0.6 0.0 1.4

(※過去平均=同コース同レースの良馬場平均(過去5走))

道中のラップもそれなりにかかって、重馬場なりのペース配分。

しかし、前半と中盤は3番手以降が離れた位置からの追走となっているため、4番手以降の馬は、前半、中盤とかなり緩いペースで追走していたと思われる。

しかし後半(残り1400mからの800m区間)はそれでも、例年の良馬場平均と同等のラップを刻み、かなりペースが速くなった。

これは4番手以降の馬も同じこと。

そしてその反動として、上り3Fは12.2 – 12.3 – 12.9 の消耗戦、37.4秒を要した。

総じて今年の「阪神大賞典」は、道悪適正はもちろんのこと、かなりのスタミナと底力を要求されたレースとなった。


回顧

1着は3番人気のディープボンド。

道中は3番手から3~4馬身離れた4番手で追走。

ペースが上がった残り1400mあたりからこの馬も上がって行き、3角では先頭との差も徐々に詰め、4角は3番手で直線に向く。

直線では早めに先頭に並びかけると、坂の上りで一気に後続を突き放してのゴール。着差は5馬身。

道悪馬場の3000mの消耗戦を、圧倒的な強さで勝利した。

もともと瞬発力には欠けるが、スピードの持続力には見るものがあった。

しかしそれに加えてこのスタミナ。

道悪に適性があることは間違いないが、明け4歳、ここに来て馬が一変している可能性もある。

ディープボンドの分析

 

2着は2番人気のユーキャンスマイル。

道中は後方で脚を溜める戦法。

3角を過ぎてスパートして、4角は7番手の大外を回って直線。

直線は馬群の外目から追い上げてくるが、ディープボンドとの差は詰まるどころか開いて行った。

レースの上りが37.4秒だけに、後方有利とも思われるが、ディープボンドの終いが36.9秒、ユーキャンスマイルの上りは36.8秒。

これでは追いつけないのは当然。

左回りならもう少しやれたか?

ユーキャンスマイルの分析

 

3着は9番人気のナムラドノヴァン。

この馬も道中は後方待機。

4角はユーキャンスマイルの直後で直線に向き、直線もユーキャンスマイルの後ろを一緒になって追い上げて来るが、その差は詰まらず3着。

右回りに良績がなく、ここはノーマークだったが、もともとスタミナは豊富な馬。

今回は展開が向いた感じ。

ナムラドノヴァンの分析

 

1番人気のアリストテレスは7着。

道中は中団。

4角も中団6番手で直線に向き、直線も坂下まではそこそこの脚で追い上げて行ったが、坂の上りで急失速。

3~4角あたりでムチが入るなど、今回は反応もあまり良くなかった感じ。

前走は不良馬場でも快勝しているだけに、馬場が原因とも考え難い。

ちょっと不可解な敗戦。

アリストテレスの分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)