2021年7月4日【巴賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ワールドウインズの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

ワールドウインズの距離適性

ワールドウインズはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-3)
  • 芝1800m(2-1-0-1)
  • 芝2000m(1-1-0-1)

現状では中距離で安定。

ワールドウインズの脚質

逃げ、先行が合ってそう。

前目にポジションを取ると、そこそこ締まった流れでしぶとさを見せる。

緩い流れよりも締まった流れのスピード持続型。

控えて差す競馬でも好走歴はあるが、OPクラスではどうか?

ワールドウインズのコース適正

ワールドウインズの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(1-1-0-1)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(未)
  • 京都(1-1-0-3)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(2-0-0-0)

直線急坂の阪神コースで良績がないが、これはコースと言うより、千六の距離に対応できなかった可能性が高い。

広いコースよりは小回り、直線は長いよりも短い方が良さそう。

ワールドウインズの持ち時計(ベストタイム)

ワールドウインズの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.31.9 9着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.6 1着(小倉)
  • 芝2000m:1.59.5 2着(函館)

時計はまだまだ更新の余地はある。

ワールドウインズの重馬場適正

ワールドウインズの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

道悪はまだ未知数。


ワールドウインズの鉄砲実績(休み明け)

ワールドウインズの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-0-0)
  • 3戦目(2-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

叩き良化型。

叩き1~2走目が狙い目。

ワールドウインズのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-2)
  • 中3~5週(0-1-0-1)
  • 中6~8週(2-0-0-1)

詰めて使っても結果は出せる。

ワールドウインズの枠順適正

ワールドウインズの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-1)
  • 5~9番(2-0-0-3)
  • 10~14番(0-2-0-1)
  • 15~18番(未)

ワールドウインズの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(3-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-3)
  • 6~8月(夏):(1-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-1)

ワールドウインズの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-2-0-1)
  • 56キロ(1-0-0-4)

ワールドウインズの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~474キロ

ワールドウインズの血統背景

父はルーラーシップ(ミスプロ系キングマンボ/クイーンエリザベス2世カップ、宝塚記念2着 他)。

母はエイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル、阪神牝馬S)。

母の父はフジキセキ(サンデー系/朝日杯3歳S、弥生賞)。

牝系のRough Shod(ラフショッド)は世界的名牝。

日本での近親にはエルコンドルパサー(NHKマイルC、ジャパンカップ、サンクルー大賞、凱旋門賞2着)、テレグノシス(NHKマイルC、安田記念2着)など。

次走、函館記念(G3・ハンデ)に向けて

次走は7月18日(日)、函館競馬場、芝2000mで行われる「函館記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは56キロ。

前目にポジションが取れれば面白い一頭だと思うが、4走前に格上挑戦でOP特別を勝っているだけに、ここではハンデが56キロ。

このあたりが微妙なところ。

 

その他、2021・函館記念(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)