2020年4月25日【エースS】終了時点までのデータをもとに、ヴァンケドミンゴの好走パターンを分析。

ヴァンケドミンゴの距離適性

ヴァンケドミンゴはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-0-2)
  • 芝2000m(2-0-1-5)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

現状では1800m、2000mで好走歴あり。

2200mあたりも、展開さえ向けば可能性はある。

3000mは長い。

ヴァンケドミンゴの脚質

後方、中団から終いを生かす競馬が主流だが、特別キレる脚があるわけではない。

キレ味勝負よりもスタミナ勝負。

淀みのない流れからのスタミナ勝負での差し、上りがかかるタフな展開などで顔を出してくる。

ヴァンケドミンゴのコース適正

ヴァンケドミンゴの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(4-0-0-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-1-1-5)
  • 京都(0-0-0-3)
  • 小倉(0-0-0-1)

福島巧者ぶりが目を惹く。

この馬の場合、コースよりも展開だろう。

ヴァンケドミンゴの持ち時計(ベストタイム)

ヴァンケドミンゴの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.1 6着(京都)
  • 芝2000m:1.58.5 3着(中山)
  • 芝2200m:2.13.4 10着(京都)

内回り、小回りなら、少々時計が速くても対応できる。

ヴァンケドミンゴの重馬場適正

ヴァンケドミンゴの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-0-1)

稍重で勝ち鞍はあるが、基本的に緩い馬場は向かないと言うレース後の談話が多い。

ヴァンケドミンゴの鉄砲実績(休み明け)

ヴァンケドミンゴの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

休み明けはあまり向かないかもしれない。

ヴァンケドミンゴの血統背景

父はルーラーシップ(キンカメ系)、母は芝の短距離で1000万条件まで勝ち上がったアンフィルージュ、その父はアグネスタキオン(サンデーサイレンス系)。

5代血統内のクロスは;

  • ノーザンダンサー 6.25% 5×5

スタミナを生かしたSP持続力はルーラーシップから受け継いだものだろう。

ヴァンケドミンゴの近走

20/3/15 スピカS(3勝・ハンデ)

中山 芝2000m 稍重 11頭

着順:7着(2.02.0・0.4差)

騎手:石橋脩(55キロ)

道中は後方から、直線は外に出して追い込むが0.4差の7着まで。

レースの上りは36.1秒とややかかってはいるが、稍重馬場なりの緩い流れで前も止まらなかった。

20/4/4 湾岸S(3勝・ハンデ)

中山 芝2200m 良 17頭

着順:7着(2.14.6・1.0差)

騎手:田辺裕信(55キロ)

道中は後方。

直線に向いて、自身は上りメンバー3位の33.9の脚は出してはいるが、レースの上りが34.3秒では届かない。

20/4/25 エールS(3勝)

福島 芝2000m 良 13頭

着順:1着(1.59.9・-0.3差)

騎手:酒井学(57キロ)

道中は後方。

3角を過ぎて進出を開始して、4角では4番手の外。

直線も馬場の外目から鋭い脚で追い上げて、残り100mで抜け出した。

中だるみのスローペース。

後方で脚を溜めて早めのロングスパートが決まったが、時計も含めて、レースのレベルとしてはそれほど高いものではない。

ヴァンケドミンゴの次走

次走の予定は福島競馬場、芝2000mで行われる「七夕賞(G3・ハンデ)」。

同じく3勝クラス勝ち上がりのヒンドゥタイムズが55キロのハンデなのに対して、この馬は54キロ。

4戦4勝の福島巧者にとって、これは大きなアドバンテージ。