2020年11月1日【カシオペアS】終了時点までのデータをもとに、ヴァンケドミンゴの好走パターンを分析。

ヴァンケドミンゴの距離適性

ヴァンケドミンゴはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(2-1-1-2)
  • 芝2000m(2-0-2-5)
  • 芝2200m(0-0-0-2)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

現状では1800m、2000mで好走歴あり。

2200mあたりも、展開さえ向けば可能性はある。

それ以上の距離はまだ未知数。

ヴァンケドミンゴの脚質

後方、中団から終いを生かす競馬がメイン。

終いはそこそこのキレを持ってはいるが、キレ味勝負よりもスタミナ勝負で持ち味を発揮。

淀みのない流れからのスタミナ勝負、上りがかかるタフな展開など。

パンパンの良馬場、上り勝負に持ちこまれると苦しそう。

ヴァンケドミンゴのコース適正

ヴァンケドミンゴの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 福島(4-0-1-0)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-1-1-5)
  • 京都(0-0-1-3)
  • 小倉(0-0-0-1)

福島巧者ぶりが目を惹く。

広いコースよりも、小回り、内回りが戦いやすそう。

ヴァンケドミンゴの持ち時計(ベストタイム)

ヴァンケドミンゴの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.46.3 3着(京都)
  • 芝2000m:1.58.5 3着(中山)
  • 芝2200m:2.13.4 10着(京都)

ヴァンケドミンゴの重馬場適正

ヴァンケドミンゴの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-0-1-1)

稍重で勝ち鞍はあるが、基本的に緩い馬場は向かないと言うレース後の談話が多い。

ヴァンケドミンゴの鉄砲実績(休み明け)

ヴァンケドミンゴの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-2-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-1)
  • 3戦目(0-0-0-2)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(2-0-1-2)

どちらかと言えば叩き良化タイプ。

ローテは中2週でも(3-1-0-5)。

詰めて使った方が結果は良い。

ヴァンケドミンゴの枠順適正

ヴァンケドミンゴの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-5)
  • 5~9番(2-1-0-3)
  • 10~14番(1-0-2-2)
  • 15~18番(未)

ヴァンケドミンゴの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-5)
  • 6~8月(夏):(2-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-0-2-3)

ヴァンケドミンゴの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-2-0)
  • 55キロ(1-0-0-5)
  • 56キロ(0-1-1-4)
  • 57キロ(1-0-0-1)

ヴァンケドミンゴの好走体重

3着以内の体重は;

  • 454~468キロ

ヴァンケドミンゴの血統背景

父はルーラーシップ(キンカメ系)。

母は芝の短距離で1000万条件まで勝ち上がったアンフィルージュ。

母の父はアグネスタキオン(サンデーサイレンス系)。

全兄に2018年「皐月賞」2着のサンリヴァル。

ヴァンケドミンゴの近走

20/3/15 スピカS(3勝・ハンデ)

中山 芝2000m 稍重 11頭

着順:7着(2.02.0・0.4差)

騎手:石橋脩(55キロ)

道中は後方から、直線は外に出して追い込むが0.4差の7着まで。

レースの上りは36.1秒とややかかってはいるが、稍重馬場なりの緩い流れで前も止まらなかった。

20/4/4 湾岸S(3勝・ハンデ)

中山 芝2200m 良 17頭

着順:7着(2.14.6・1.0差)

騎手:田辺裕信(55キロ)

道中は後方。

直線に向いて、自身は上りメンバー3位の33.9の脚は出してはいるが、レースの上りが34.3秒では届かない。

20/4/25 エールS(3勝)

福島 芝2000m 良 13頭

着順:1着(1.59.9・-0.3差)

騎手:酒井学(57キロ)

道中は後方。

3角を過ぎて進出を開始して、4角では4番手の外。

直線も馬場の外目から鋭い脚で追い上げて、残り100mで抜け出した。

中だるみのスローペース。

後方で脚を溜めて早めのロングスパートが決まったが、時計も含めて、レースのレベルとしてはそれほど高いものではない。

20/7/12 七夕賞(G3・ハンデ)

福島 芝2000m 重

着順:3着(2.02.8・0.3差)

騎手:酒井学(54キロ)

道中は中団、勝負どころで動いて行って、4角は外目の7番手。

直線もバテずに食らいついているが、ここでは3着まで。

やはり福島は走るが、内容もまずまず。

2020年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧

20/11/1 カシオペアS(L)

京都 芝1800m(外)良

着順:3着(1.46.3・0.2差)

騎手:酒井学(56キロ)

道中は中団の後ろあたりで脚を溜める。

4角は12番手の外から直線。

直線は馬群の外目から強烈な伸びを見せたが、3着まで。

外回りコースでもそこそこやれたのは収穫だが、レースの上りは34.8秒。

まあ、この馬が差してこれる展開ではあった。

ヴァンケドミンゴの次走

次走は11月15日、福島競馬場 芝2000mで行われる「福島記念(G3・ハンデ)」。

ハンデは55キロ。

適距離、適コースで条件は最高。

ハンデもまだ55キロで戦える。

前走も外回りコースを克服して力は付けている印象。

ここで一気に重賞初制覇となるか?

ひとつ心配なのは中1週のローテだが・・・。

 

その他、福島記念の出走馬を分析