2020年12月20日【サンタクロースH】終了時点までのデータをもとに、トリプルエースの好走パターンを分析。

トリプルエースの距離適性

トリプルエースはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-1-0-0)
  • 芝1400m(0-0-0-2)
  • 芝1600m(1-0-0-3)

1600mまでは守備範囲。

トリプルエースの脚質

脚質的には、中団あたりから差してくる競馬での好走歴が目立つ。

ただ、スパッと切れる脚はなく、上りがかかって浮上してくるパターン。

狙い目は道悪、開催後半の荒れた馬場、または前傾ラップで上りを要する展開など。

スタミナ、パワー系。

トリプルエースのコース適正

トリプルエースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(1-0-0-2)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(2-0-0-2)
  • 小倉(0-1-0-0)

この馬はコースよりも馬場、展開。上りがかかってナンボ。

トリプルエースの持ち時計(ベストタイム)

トリプルエースの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.10.5 2着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.5 1着(中京)
  • 芝1600m:1.32.6 1着(阪神)

スピード勝負でも、前傾ラップでスタミナ勝負になると浮上してくる。

トリプルエースの重馬場適正

トリプルエースの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-1-0-1)

緩い馬場は苦にしない、むしろ道悪の方が戦いやすいだろう。

トリプルエースの鉄砲実績(休み明け)

トリプルエースの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

トリプルエースの枠順適正

トリプルエースの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-3)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(未)

トリプルエースの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

トリプルエースの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-3)
  • 56キロ(1-0-0-2)

トリプルエースの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~506キロ

トリプルエースの血統背景

父はシャマーダル(ND系ストームキャット)。

母の父はサンデーサイレンス

シャマーダルは欧州、ドバイで走り、芝のG1を4勝。主要距離は芝の短距離、マイル、中距離。

トリプルエースの次走

次走は1月5日(火)、中京競馬場 芝1600mで行われる「京都金杯(G3・ハンデ)」。

開幕週の馬場、逃げ馬不在の展開。

この馬にとっては強調材料がみつからない。