2021年1月5日【京都金杯】終了時点までのデータをもとに、トリプルエースの好走パターンを分析。

トリプルエースの距離適性

トリプルエースはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-1-0-0)
  • 芝1400m(1-0-0-2)
  • 芝1600m(1-0-0-4)

1600mまでは守備範囲。

トリプルエースの脚質

脚質的には、中団の前目あたりから差してくる競馬での好走歴が目立つ。

ただ、スパッと切れる脚はないので、トップスピードを持続して押し切る競馬が良い。

スピード持続型。

トリプルエースのコース適正

トリプルエースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(1-0-0-3)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(2-0-0-2)
  • 小倉(0-1-0-0)

小回りより、広いコースの方が合ってそうだが、このキャリアでまだ一度も関東圏への長距離輸送を経験していない。

何かあるのか?

トリプルエースの持ち時計(ベストタイム)

トリプルエースの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.10.5 2着(小倉)
  • 芝1400m:1.20.5 1着(中京)
  • 芝1600m:1.32.6 1着(阪神)

スピード勝負でもそこそこ戦えそう。

トリプルエースの重馬場適正

トリプルエースの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-1)
  • 重(0-1-0-1)

緩い馬場は苦にしない。


トリプルエースの鉄砲実績(休み明け)

トリプルエースの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-3)
  • 3戦目(未)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

トリプルエースの枠順適正

トリプルエースの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-0-3)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(1-0-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

内枠に入って、ポジションを取って行った方が良さそうなタイプ。

トリプルエースの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-2)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-2)

トリプルエースの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-0)
  • 55キロ(1-0-0-4)
  • 56キロ(1-0-0-2)

トリプルエースの好走体重

3着以内の体重は;

  • 458~506キロ

トリプルエースの血統背景

父はシャマーダル(ND系ストームキャット)。

母の父はサンデーサイレンス

シャマーダルは欧州、ドバイで走り、芝のG1を4勝。主要距離は芝の短距離、マイル、中距離。

トリプルエースの前走

21/1/5 京都金杯(G3・ハンデ)

中京 芝1600m 良

着順:8着(1.33.6・0.5差)

騎手:団野大成(55キロ)

大外16番からスタートが決まらず道中は中団の後ろあたり。

道中は終始外目を回り、4角も11番手で大外を回して直線。

直線は馬群の外目から追い込んでくるが、0.5差の8着。

展開としてはスローの前有利の展開。

この馬としては終始外目を回り、4角も大外を回して、決して控えて脚を溜めていたわけではないが、上りの脚はメンバー2位の33.9の脚。

決して悲観する内容ではない。

2021年 京都金杯(G3)のラップ分析&回顧

トリプルエースの次走

次走は2月7日(日)、東京競馬場 芝1600mで行われる「東京新聞杯(G3)」。

前走は8着だが内容は良い。

今回は鞍上も強化されてそこそこ期待はできそう。

ただ、初めての関東圏への輸送は気になる。

 

その他、東京新聞杯(G3)の出走馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)