2020年3月14日【ファルコンS】終了時点までのデータをもとに、トリプルエースの好走パターンを分析。

トリプルエースの距離適性

トリプルエースはこれまでに芝1200m~芝1600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1200m(1-1-0-0)
  • 芝1400m(0-0-0-1)
  • 芝1600m(0-0-0-2)

1600mは2敗だが、いずれも惜しい競馬。

1600mまでは守備範囲。

トリプルエースの脚質

脚質的には、後ろから差してくる競馬での好走歴が目立つ。

ただ、スパッと切れる脚はなさそうなので、勝つには展開や馬場に依るところが大きくなる。

トリプルエースのコース適正

トリプルエースの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-0-0-1)
  • 阪神(1-0-0-1)
  • 小倉(0-1-0-0)

コースによるこ巧拙は今のところ確認できない。

トリプルエースの持ち時計(ベストタイム)

トリプルエースの持ち時計は次の通り;

  • 芝1200m:1.10.5 2着(小倉)
  • 芝1400m:1.21.9 4着(中京)
  • 芝1600m:1.34.4 11着(阪神)

スピード勝負では明らかに分が悪そう。

トリプルエースの重馬場適正

トリプルエースの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(0-1-0-1)

緩い馬場は苦にしない、むしろ道悪の方が戦いやすいだろう。

トリプルエースの鉄砲実績(休み明け)

トリプルエースの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-2)

キャリア5戦で3戦が休み明けなので、現状ではなんとも言えない。

トリプルエースの評価

距離は1600mまでは戦える。

脚質的には、後ろからの競馬が多くなるが、決してキレッキレの脚があるわけではない。

なので現状では、展開や馬場の助けがどうしても必要。

トリプルエースの近走診断

19/11/9 デイリー杯2歳S(G2)

京都 芝1600m 良 11頭

着順:4着(1.34.9・0.4差)

騎手:和田竜二(55キロ)

道中は中団を追走。

4角に直線を向いた際、少し前が詰まって追い出しを待たされた感じ。

しかし直線は外に出して追い上げを計り、上りはメンバー3位の34.7。

まずまずの競馬か。

19/12/15 朝日杯FS(G1)

阪神 芝1600m 良 16頭

着順:11着(1.34.4・11着)

騎手:ビュイック(55キロ)

スタート良く先団3番手からの競馬。

前半の800mが45.4秒のハイペースの中、4角も3番手で直線に入るが、坂下で力尽きた。

位置取りは勝ったサリオスとほぼ同じだが、サリオス以外、前へ行った組は総崩れ。

それだけタフなレース展開だった。

20/3/14 ファルコンS(G3)

中京 芝1400m 重 18頭

着順:4着(1.21.9・0.6差)

騎手:藤岡康太(56キロ)

スタートで出遅れて中団のうしろあたり。

直線は馬場の外目からグングン追い上げて行ったが4着どまり。

しかし3着にはアタマ差まで迫っており、出遅れがなければ・・・という競馬。

トリプルエースの次走

次走は阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「アーリントンC(G3)」。

良馬場なら少し足りないが、道悪なら勝ち負けできて良い。