テンハッピーローズのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

テンハッピーローズのここまでの走り

20/8/15 2歳新馬(牝馬限定)

小倉 芝1200m 良

着順:1着(1.08.4・-0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は先団の後ろ。

4角も先団6番手の内で直線に向き、直線も内目を突いて鋭い伸び脚。

ゴール前で先に抜け出していた2頭を一気に交わしてゴール。

開幕初日の速い馬場だが時計も優秀。

スピードはある。

20/10/4 サフラン賞(2歳1勝C)

中山 芝1600m 良

着順:2着(1.35.4・0.2差)

騎手:福永祐一(54キロ)

若干遅れ気味のスタートで、道中は後方。

3~4角で外目から追い上げて、4角も大外を回して直線。

直線も馬場の外目から追い込んで来るが、先に抜け出していたサトノレイナスとの差は詰まらず0.2差の2着まで。

4角大外を回した分が着差に出ている感じ。

良い末脚は持ってそう。

20/10/31 アルテミスS(G3)

東京 芝1600m 良

着順:3着(1.35.3・0.4差)

騎手:田辺裕信(54キロ)

道中は中団。

4角も中団6番手の外で直線。

直線も馬群の外目を追い上げるが、前を行くソダシとの差は詰まらない。

ゴール前はククナに差されて3着。

展開はスローの瞬発力勝負。

良い脚を持ってはいるが小回り向きかも。

21/1/11 フェアリーS(G3)

中山 芝1600m 良

着順:4着(1.35.1・0.7差)

騎手:福永祐一(54キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は3番手で直線で伸びてくるかと思ったが、思いのほか伸びきれず4着。

道中かなり行きたがっていた様子。これが終いに響いた感じ。

2021年 フェアリーS(G3)のラップ分析&回顧


テンハッピーローズの脚質

中団で脚を溜めて、直線で終いを伸ばす競馬。

そこそこの瞬発力は持ってそうだが、キレ味勝負になれば、馬格が小さいだけに、広いコース、長い直線では加速に限界があるのかも。

新馬戦を見る限り、スピードを生かした持続力勝負でも戦えそうだが。


テンハッピーローズの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系)。

母の父はタニノギムレット(ロベルト系)。

近親に2020年の「マーメイドS(G3・芝2000m)」を勝ったサマーセント。

テンハッピーローズの次走

次走は3月6日(土)、阪神競馬場 芝1600m(外)で行われる「チューリップ賞(G2)」。

阪神の外回りで勝ち切るにはキレが足りない印象。

力はあるので、相手なりに走ってはくるだろうが、勝ち負けは難しそう。

 

その他、チューリップ賞(G2)の有力馬を分析

 

 



関連記事(一部広告を含む)