サンストックトンのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

サンストックトンの近走

21/10/2 2歳未勝利

中山 芝2000m 稍重

着順:2着(2.00.7・0.1差)

騎手:横山武史(55キロ)

道中は先団2~3番手。

4角も2番手で直線に向き、直線入口では早くも先頭。

直線では道中4番手から追い上げて来たレヴァンジルとのマッチレース。

坂の上り、残り100mあたりで前に出られて3/4馬身差の2着。

2歳未勝利戦としては走破時計は上々。

3着馬には8馬身つけているのだから相手が悪かった。

21/11/27 2歳未勝利

東京 芝1800m 良

着順:1着(1.48.4・-0.3差)

騎手:横山武史(55キロ)

7枠9番から道中は中位の7番手追走。

4角も中団9番手の外で直線。

直線は馬群の外目から、坂の上りから追い上げにかかると、スッと反応して坂の頂上では先頭。

あとは抜け出して後続に2馬身差で余裕のゴール。

熱発明けで6~7割ほどの出来だったというコメントも出ている。

このクラスでは力が違う感じ。


サンストックトンの脚質

先行して押し切る競馬。

中団に控えて終いを伸ばす競馬。

末脚はキレッキレというほどの脚ではなさそうなので、位置取りは前目の方が戦いやすそう。


サンストックトンの血統背景

父はワールドエース(サンデー系ディープインパクト/きさらぎ賞、マイラーズC)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ/NHKマイルC、日本ダービー)。

次走、京成杯(G3)に向けて

次走は1月16日(日)、中山競馬場 芝2000mで行われる「京成杯(G3)」。

力はありそうだが、血統面から人気にはなり辛そう。

前々走くらい走れば勝ち負けできそうだが・・・。

 

⇒その他、2022・京成杯の注目馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)