ストーンリッジのキャリアはまだ3戦だけなので、近走だけをふり返る。

ストーンリッジの近走

19/11/30 2歳新馬

阪神 芝1600m 良 13頭

着順:1着(1.36.8・-0.1差)

騎手:デットーリ(55キロ)

5枠7番から1馬身ほど出遅れるが、二の脚でスーッと2番手。

道中は新馬戦らしい緩いラップ。

ストーンリッジは4角も2番手で直線に入る。

直線では逃げていたスリーコーズクライがしぶとく粘る中、残り200mあたりで馬体を併せたストーンリッジは、激しい追い比べを制して先着。

なかなかの勝負根性と瞬発力。

上りはメンバー最速33.1秒だが、ペースはかなり緩かった。

今後締まったペースでも同じように終いを生かせるかが課題。

期待される能力

  • 先行力
  • 瞬発力
  • 勝負根性

20/2/9 きさらぎ賞(G3)

京都 芝1800m 良 8頭

着順:2着(1.48.3・クビ差)

騎手:シュタルケ(56キロ)

スタートを決めて先行すると、道中は2番手追走。

逃げるギベルティが刻むラップは緩く、前半1000mが62.0秒のスローペース。

ストーンリッジは4角を2番手で回ってくると、直線に入ってすぐに先頭。

そのまま突き抜けるかに見えたが、外から追い込んで来たコルテジアがしぶとく食い下がり、ゴール前の叩き合いでクビ差交わされて2着。

最後の200mは少し内にもたれ気味。

新馬戦の勝負根性は見られなかった。

20/3/28 毎日杯(G3)

阪神 芝1800m 稍重 10頭

着順:6着(1.48.9・1.0差)

騎手:岩田望来(56キロ)

スタート良く前につけるが、その後控えたのか順位を下げて中団あたり。

直線は馬場の外目から追い上げを計るが伸びきれない。

道中のペースは稍重にしては少し速い。

渋った馬場で終いも削がれた感じ。

いずれにしても、タフなレースでは力が発揮されなかった。

ストーンリッジのここまでの見立て

距離は1600mが適距離で、1800mは守備範囲。

脚質的には終いを生かす競馬が合っているのだろうが、タフな展開になるとモロそう。

ストーンリッジの次走

次走は東京競馬場 芝1600mで行われる「NHKマイルカップ(G1)」。

まだちょっと、ここでは力が足りない印象。