2021年10月16日【府中牝馬S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、スマートリアンの好走パターンを分析。

スマートリアンの距離適性

スマートリアンはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-3-1-2)
  • 芝1800m(2-1-0-2)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

ベストは1800mよりも1600mのような感じ。

スマートリアンの脚質

好位、中団あたりから終いを伸ばしてくる競馬。

終いの脚はそこそこ確実に繰り出してくるので、着順は安定している。

この先オープンクラスの流れに慣れてくればそこそこ走ってきそう。

スマートリアンのコース適正

スマートリアンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-1-0-1)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(未)
  • 京都(3-1-1-0)
  • 阪神(1-1-0-2)
  • 小倉(未)

コースによる巧拙はあまりないが、出走しているコースのほとんどがコーナー2つのワンターンコース。

スマートリアンの持ち時計(ベストタイム)

スマートリアンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.32.1 4着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.0 1着(阪神)
  • 芝2000m:2.02.6 8着(中山)

千六の時計はハンデ53キロ。

スマートリアンの重馬場適正

スマートリアンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-0-1)
  • 重(1-1-0-0)
  • 不良(1-0-0-0)

道悪は相当巧い。


スマートリアンの鉄砲実績(休み明け)

スマートリアンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-1-1-1)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

スマートリアンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-1-0)
  • 中3~5週(1-2-0-2)
  • 中6~8週(0-1-0-0)

スマートリアンの枠順適正

スマートリアンの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-2)
  • 5~9番(3-1-1-1)
  • 10~14番(0-0-0-2)
  • 15~18番(0-1-0-0)

スマートリアンの斤量別着度数

  • 53キロ(1-0-0-1)
  • 54キロ(3-4-1-4)

スマートリアンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-1-1-0)
  • 3~5月(春):(2-2-0-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-4)

スマートリアンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~480キロ

スマートリアンの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー、ニエル賞、産経大阪杯 他)。

母の父はミスターグリーリー(ミスプロ系ゴーンウエスト)。

ミスターグリーリーは米国で走り、ダートの1200~1600mで活躍。

スマートリアンの前走

21/9/12 京成杯OH(G3・ハンデ)

中山 芝1600m 良

着順:4着(1.32.1・0.1差)

騎手:三浦皇成(53キロ)

道中は3~4番手、4角は6番手の外で直線。

直線は馬群の外目から追い上げを計り、坂の上りでは逃げるコントラチェックを捉える勢いだったが、ゴール前で少し甘くなって4着まで。

ハンデ53キロの恩恵はもちろんあるが、古馬混合重賞初挑戦で、道中そこそこ流れる展開でこの走りは評価できる。

2021年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧

21/10/16 府中牝馬S(G2)

東京 芝1800m 良

着順:6着(1.46.1・0.5差)

騎手:三浦皇成(54キロ)

1枠2番から、道中は3~4番手の内。

4角も3番手の内で直線に向き、直線では坂を上りきるあたりまでは前の2頭に食らいついていたが、残り200mから甘くなって0.5差の6着。

道中のペースはそこそこ流れていたが、それを先団で直線に向いて、残り200mまでは踏ん張れていたし、最後もズルズルとは後退していない。

前走同様、まずまずの出来ではないか?

2021年 府中牝馬S(G2)のラップ分析&回顧

次走、ターコイズS(G3・ハンデ)に向けて

次走は12月18日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ターコイズS(G3)」。

ハンデは54キロ。

手ごろなハンデ、距離も1600mに戻して、ここはなかなか面白そうな一頭。

 

⇒その他、ターコイズS(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)