2022年2月6日【関門橋S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シフルマンの好走パターンを分析。

シフルマンの距離適性

シフルマンはこれまでに芝1800m~芝3000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-0-1)
  • 芝1800m(1-0-0-5)
  • 芝2000m(3-2-2-9)
  • 芝2400m(0-0-0-1)
  • 芝3000m(0-0-0-1)

ベストは2000m。

シフルマンの脚質

逃げ、先行脚質。

先行力はあるので、出遅れない限り前々のポジションは容易に取れる。

これまでの走りからは、ペースが落ち付いて残ってくるタイプで、速い流れになると苦戦傾向。

ただし、そこそこ締まった流れでも良い勝負をしているレースもあるので、この先OPの流れに慣れてくれば、展開次第ではチャンスはありそう。

シフルマンのコース適正

シフルマンの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(0-0-0-2)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(1-0-0-0)
  • 東京(0-1-0-0)
  • 中山(未)
  • 中京(2-0-0-2)
  • 京都(0-0-0-5)
  • 阪神(1-0-2-8)
  • 小倉(0-1-0-0)

ハービンジャー産駒らしく、コーナー4つのО字コースの方が勝ち鞍は多い。

左右回りの連対率は;

  • 右回り:10.5%
  • 左回り:66.7%

シフルマンの持ち時計(ベストタイム)

シフルマンの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.34.5 16着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.3 8着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.9 4着(阪神)
  • 芝2400m:2.27.9 6着(阪神)
  • 芝3000m:3.08.7 16着(京都)

速い時計は向いてなさそう。

シフルマンの重馬場適正

シフルマンの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-0-1-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

道悪はまだ未知数。


シフルマンの鉄砲実績(休み明け)

シフルマンの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-0-0-5)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-1-5)
  • 3戦目(0-0-0-4)
  • 4戦目(0-1-0-0)
  • 5戦目~(未)

シフルマンのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(0-0-0-4)
  • 中3~5週(1-1-2-6)
  • 中6~8週(2-1-0-1)

シフルマンの枠順適正

シフルマンの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-0-2)
  • 5~9番(2-1-2-12)
  • 10~14番(1-1-0-3)
  • 15~18番(未)

シフルマンの斤量別着度数

  • 54キロ(1-0-0-2)
  • 55キロ(0-0-0-5)
  • 56キロ(2-2-1-4)
  • 57キロ(1-0-1-6)

シフルマンの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-3)
  • 3~5月(春):(1-0-2-3)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-4)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-7)

シフルマンの好走体重

3着以内の体重は;

  • 492~508キロ

シフルマンの血統背景

父はハービンジャー(ND系デインヒル)。

ハービンジャーは欧州で走り、2010年のキングジョージⅥ世&QES(G1)で勝利。主戦場は芝のクラシックディスタンス。

母の父はサンデーサイレンス

母の母はファビラスラフイン(秋華賞、ニュージーランドT)。

次走、金鯱賞(G2)に向けて

次走は3月13日(日)、中京競馬場 芝2000mで行われる「金鯱賞(G2)」。

重賞ではまだ少し足りないか?

可能性としては、緩い流れになったときの前残り。

 

⇒その他、金鯱賞(G2)の出走馬を分析