2022年9月11日【京成杯OH】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シャーレイポピーの好走パターンを分析。

シャーレイポピーの距離適性

シャーレイポピーはこれまでに芝1400m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-1)
  • 芝1600m(4-0-0-3)
  • 芝1800m(0-1-0-3)
  • 芝2000m(0-0-0-1)

現状では1600mベストで、1800mは少し長いかも。

シャーレイポピーの脚質

好走履歴は先行押し切り、もしくは中団からの差しだが、終いの脚は大して切れる感じではないので、先行押し切りが良さそう。

ここまでの好走パターンは、緩い流れの前残りか、消耗戦を軽い斤量で差し切ったもの

3歳クラシック戦線では、前哨戦では良いところまで行くのだが、わずかに本番へは駒を進められないタイプ。

古馬になって、この先OPクラスで成長力を示せるか。

シャーレイポピーのコース適正

シャーレイポピーの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-1-0-1)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(0-0-0-2)
  • 中京(0-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(4-0-0-2)
  • 小倉(0-0-0-1)

阪神はすべて外回りの1600m。

シャーレイポピーの持ち時計(ベストタイム)

シャーレイポピーの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.9 6着(中京)
  • 芝1600m:1.33.5 7着(阪神)
  • 芝1800m:1.46.3 7着(小倉)
  • 芝2000m:1.58.6 4着(中山)

まだ速い時計はない。

シャーレイポピーの重馬場適正

シャーレイポピーの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(2-1-0-1)
  • 重(未)
  • 不良(未)

まだ未知数だが、走りそうな雰囲気。


シャーレイポピーの鉄砲実績(休み明け)

シャーレイポピーの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(1-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-2)
  • 3戦目(1-0-0-1)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-3)

シャーレイポピーのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(2-0-0-2)
  • 中6~8週(1-0-0-5)

シャーレイポピーの枠順適正

シャーレイポピーの馬番別着度数は;

  • 1~4番(2-0-0-6)
  • 5~9番(2-2-0-1)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(未)

シャーレイポピーの斤量別着度数

  • 52キロ(1-0-0-3)
  • 53キロ(0-1-0-0)
  • 54キロ(2-1-0-5)
  • 55キロ(1-0-0-0)

シャーレイポピーの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-0-0-2)
  • 6~8月(夏):(1-0-0-3)
  • 9~11月(秋):(1-2-0-2)

シャーレイポピーの好走体重

3着以内の体重は;

  • 424~438キロ

シャーレイポピーの血統背景

父は「NHKマイルC]、「マイルCS」を制したミッキーアイル(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

近親には母方の曾祖母アドマイヤサンデーのラインから、トールポピー(「阪神JF」「オークス」)、アヴェンチュラ(「秋華賞」)など。

中京記念(G3)の結果

【レース前寸評】

まだちょっと力が足りていない感じ。

【結果】

0.4差の7着。

ハンデ52キロなら、最後もう少し粘れてもよかった。

1800mは少し長いのかも。

2022年 中京記念(G3)のラップ分析&回顧

京成杯オータムH(G3)の結果

【レース前寸評】

52キロなら、前々にポジションが取れれば、粘り込みも。

【結果】

0.3差の6着。

最内から競馬を進めようとしていたが、2角でごちゃついて順位を下げてしまった。これが致命的。

前々の最内でスムーズなら、そこそこやれていたと思うが。

2022年 京成杯オータムH(G3)のラップ分析&回顧