シャーレイポピーのキャリアはまだ3戦だけなので、近走のみを振り返る。

シャーレイポピーの近走

20/10/11 2歳新馬

京都 芝1400(内)稍重

着順:2着(1.23.3・クビ差)

騎手:池添謙一(54キロ)

道中は中団の前あたり。

4角は5番手で直線に向き、先に抜け出していたオプティミスモをジワジワと追い詰めるが、クビ差届かず2着まで。

上りはメンバー最速の35.6秒。

内容は悪くない。

20/11/8 2歳未勝利

阪神 芝1600m(外)良

着順:1着(1.34.0・-0.6差)

騎手:福永祐一(54キロ)

6枠8番からハナを切る。

道中はマイペースの逃げて4角も先頭で直線へ。

直線では残り300mあたりからグングン後続との差を広げて、坂の上りでさらに突き放して、後続に3馬身半をつける圧勝。

走破時計も未勝利戦としてはまずまず。

21/1/16 紅梅S(L)

中京 芝1400m 良

着順:6着(1.21.9・1.3差)

騎手:福永祐一(54キロ)

3枠3番から出遅れて後方から。

4角は9番手で直線に向き、馬群の外目から追い上げにかかるが、坂を上ったあたりで脚色が鈍った。

休み明けで馬体重が-6キロの418キロ。

ここにきて420キロを切ったことも影響していたのではないか?


シャーレイポピーの脚質

前からでも控えてもそこそこの走りは見せている。

前走を度外視すれば、まだ底は見せていない。

本当の実力はまだベールに包まれている感じ。


シャーレイポピーの血統背景

父は「NHKマイルC]、「マイルCS」を制したミッキーアイル(サンデー系ディープインパクト)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

近親には母方の曾祖母アドマイヤサンデーのラインから、トールポピー(「阪神JF」「オークス」)、アヴェンチュラ(「秋華賞」)など。

 

 



関連記事(一部広告を含む)