2021年9月26日【神戸新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、セファーラジエルの好走パターンを分析。(ダート競争は除く)

セファーラジエルの距離適性

セファーラジエルはこれまでに芝1800m~芝2200mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(2-2-0-0)
  • 芝2200m(0-0-0-2)

距離だけなら2200mは大丈夫だが、気性面で難しいところがあるので、あとは折り合いひとつ。

セファーラジエルの脚質

先行して押し切る競馬が好走パターン。

しかし、気性面で難しいところがあるので、あとは道中うまく折り合って行けるかどうかがポイント。

うまく折り合えば、なかなか良いモノを持っているような感じ。

切れる脚こそないが、タフな展開で上りが少々かかってくれば、SP持続力と合わせて、持ち前のスタミナとパワーで押し切ってくるイメージ。

ただ、3歳の春を終えた時点では、まだまだ粗削りな面が多々ある印象。

セファーラジエルのコース適正

セファーラジエルの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(未)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(0-1-0-0)
  • 阪神(0-2-0-1)
  • 小倉(1-0-0-0)

セファーラジエルの持ち時計(ベストタイム)

セファーラジエルの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.50.7 5着(新潟)
  • 芝2000m:1.59.6 1着(中京)
  • 芝2200m:2.13.0 4着(阪神)

高速馬場が得意なようには見えないが・・・。

セファーラジエルの重馬場適正

セファーラジエルの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-2-0-0)
  • 重(1-0-0-0)
  • 不良(0-0-0-2)

道悪は基本的にはダメな感じ。


セファーラジエルの鉄砲実績(休み明け)

セファーラジエルの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-1)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(1-0-0-0)

セファーラジエルのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(未)
  • 中3~5週(0-1-0-2)
  • 中6~8週(2-0-0-0)

セファーラジエルの枠順適正

セファーラジエルの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(1-1-0-0)
  • 10~14番(0-1-0-0)
  • 15~18番(0-0-0-1)

セファーラジエルの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-1)
  • 55キロ(0-2-0-0)
  • 56キロ(2-0-0-2)

セファーラジエルの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(1-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(0-2-0-1)

セファーラジエルの好走体重

3着以内の体重は;

  • 494~522キロ

セファーラジエルの血統背景

父はキズナ(サンデー系ディープインパクト/日本ダービー)。

母の父はアウトオブプレイス(ターントゥ系)。

アウトオブプレイスは米国で走り、ダートの中距離で活躍。

セファーラジエルの近親にはJBCスプリント他、ダート重賞8勝のサウスヴィグラス。

セファーラジエルの前走

21/5/30 白百合S(3歳・L)

中京 芝2000m 良

着順:1着(1.59.6・-0.6差)

騎手:鮫島克駿(56キロ)

スタートで挟まれて、序盤は後方7番手。

向正面でかなり行きたがる素振りを見せてはいたが、なんとかなだめて3角は5番手。

3角過ぎから動いて行ったマカオンドールのあとに続くようにこの馬も進出を開始して、4角4番手で直線。

直線は馬群の外目から追い出しにかかり、坂の上りで先に抜け出していたマカオンドールを捉えると、残り200mからは後続をみるみる突き放して、最後は4馬身離して圧勝。

Bコース替わりの最初の週とはいえ、時計も優秀。

道中かかりながら、最後の直線もムチに反応して、左に右にヨレまくりでこの圧勝劇。

まだまだ粗削りだが、良いモノは持っていそうな雰囲気。

21/9/26 神戸新聞杯(G2)

中京 芝2200m 不良

着順:7着(2.19.2・1.2差)

騎手:鮫島克駿(56キロ)

折り合い重視で最後方からの競馬。

4角も最後方9番手で直線に向くが、直線では3頭交わすのがやっと。

もともと終いを生かす馬でもないし、道悪も苦手っぽい。

ただ、折り合い重視で折り合いがついたことは収穫。

2021年 神戸新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

次走、菊花賞(G1)に向けて

次走は10月24日(日)、阪神競馬場 芝3000m(内)で行われる「菊花賞(G1)」。

折り合いがついて流れに乗れれば、不気味な一頭ではある。

 



関連記事(一部広告を含む)