2022年7月10日【七夕賞】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、シークレットランの好走パターンを分析。

シークレットランの距離適性

シークレットランはこれまでに芝1800m~芝2600mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-1-0-1)
  • 芝2000m(1-2-0-4)
  • 芝2200m(0-1-0-1)
  • 芝2400m(1-0-0-1)
  • 芝2500m(1-1-0-1)
  • 芝2600m(0-0-0-1)

中距離でも、それ以上でも、展開次第では十分に戦えそう。

シークレットランの脚質

好走パターンは前目にポジションを取ってからの押し切り、粘り込み。

少々ペースが上がっても動じないスピード持続力。

反面、キレる脚は持っていないので、スローの瞬発戦では力を出し切れない。

レースの上り時計は、速いよりかかった方が良いタイプ。

シークレットランのコース適正

シークレットランの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(0-0-0-1)
  • 福島(0-1-0-1)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-1-0-2)
  • 中山(3-3-0-5)
  • 中京(未)
  • 京都(1-0-0-0)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

現状では中山コースでの好走が目立っているが、他の競馬場でも、この馬の好走パターン(そこそこ締まった展開の持続力勝負)にさえ嵌れば走ってくると思う。

シークレットランの持ち時計(ベストタイム)

シークレットランの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.48.3 8着(中山)
  • 芝2000m:1.59.2 10着(東京)
  • 芝2200m:2.12.9 13着(中山)
  • 芝2400m:2.24.9 9着(東京)
  • 芝2500m:2.33.6 1着(中山)
  • 芝2600m:2.40.9 8着(函館)

自己ベスト更新時の着順がどれも悪いが、これは、スローの流れにつき合って持ち味を発揮できずに敗れたケースがほとんど。

速い時計への対応力はまだ未知数。


シークレットランの重馬場適正

シークレットランの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-2-0-0)
  • 重(0-0-0-1)
  • 不良(未)

重馬場での敗戦は2019年の「セントライト記念」。最後の直線で行くところ行くところで前が壁になる不利。この敗戦は馬場以外に敗因があると考えるべき。

現状では、道悪は走るとは言い切れないが、ダメだとも断言できない。

シークレットランの鉄砲実績(休み明け)

シークレットランの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(3-2-0-4)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-1-0-2)
  • 3戦目(0-1-0-1)
  • 4戦目(1-0-0-1)
  • 5戦目~(0-0-0-1)

休み明けが一番走る。

シークレットランの枠順適正

シークレットランの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-1-0-2)
  • 5~9番(2-1-0-2)
  • 10~14番(1-2-0-4)
  • 15~18番(0-1-0-1)

内枠の方が良い。

シークレットランの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-0-4)
  • 6~8月(夏):(0-2-0-2)
  • 9~11月(秋):(2-0-0-1)

シークレットランの斤量別着度数

  • 54キロ(1-1-0-2)
  • 55キロ(1-1-0-1)
  • 56キロ(0-3-0-6)
  • 57キロ(2-0-0-0)

シークレットランの好走体重

3着以内の体重は;

  • 464~504キロ

シークレットランの血統背景

父はダンカーク(ミスプロ系ファピアノ)。

ダンカークは米国で走り、ダートG1で2着が2回。距離は9~12F(約1800~2400m)。

母の父はキングカメハメハ(ミスプロ系キングマンボ)。

近親にはエアグルーヴ(オークス、天皇賞(秋))、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯)、ルーラーシップ(クイーンエリザベス2世カップ)、ドゥラメンテ(皐月賞、ダービー)など。

牝系はいわゆる名牝系。

次走、七夕賞(G3)に向けて

次走は7月10日(日)、福島競馬場 芝2000m「七夕賞(G3)」。

ハンデは55キロ。

約11か月ぶりの競馬。

福島の芝2000mは意外と合っていると思う。

力はそこそこある馬なので、走れる状態にあるのなら、このクラスなら、軽視は禁物。

【結果】

1.7差の13着。

終始後方から、直線でも脚は出せず。

先行できなければ勝負にならない馬だが、11か月ぶりの競馬、叩いてからにしても、内容は悪い。

2022年 七夕賞(G3)のラップ分析&回顧