2022年7月17日【函館記念】終了時点までのデータをもとに、スカーフェイスの好走パターンを分析。

スカーフェイスの距離適性

スカーフェイスはこれまでに芝1600m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(2-0-0-3)
  • 芝1800m(0-1-0-1)
  • 芝2000m(2-1-1-8)
  • 芝2200m(0-0-0-1)
  • 芝2400m(0-1-0-1)

マイルが良さそうだが、上りがかかってくれば、中距離でも差し込んでくる。

スカーフェイスの脚質

後方から終いを生かす競馬。

ただし、大して切れる脚はない。

道悪や、上りのかかる展開で浮上。

スカーフェイスのコース適正

スカーフェイスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(0-0-1-0)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(0-0-0-2)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(0-1-0-0)
  • 中京(0-0-0-4)
  • 京都(1-0-0-1)
  • 阪神(3-2-0-4)
  • 小倉(0-0-0-1)

左回りは7戦全敗。

スカーフェイスの持ち時計(ベストタイム)

スカーフェイスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.8 1着(阪神)
  • 芝1800m:1.48.4 2着(阪神)
  • 芝2000m:1.58.9 6着(阪神)
  • 芝2200m:2.17.0 4着(阪神)
  • 芝2400m:2.28.6 7着(新潟)

速い時計は不向き。


スカーフェイスの重馬場適正

スカーフェイスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(0-1-0-3)
  • 重(1-0-1-0)
  • 不良(未)

道悪でもお構いなしに差し込んで来る脚力はある。

スカーフェイスの鉄砲実績(休み明け)

スカーフェイスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-1-3)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-3)
  • 3戦目(0-1-0-3)
  • 4戦目(0-1-0-2)
  • 5戦目~(0-0-0-2)

スカーフェイスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-8)
  • 中3~5週(0-3-0-2)
  • 中6~8週(未)

スカーフェイスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-2-0-5)
  • 3~5月(春):(1-0-0-6)
  • 6~8月(夏):(1-1-1-1)
  • 9~11月(秋):(1-0-0-2)

スカーフェイスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 438~464キロ

スカーフェイスの血統背景

父はハーツクライ(サンデー系/有馬記念、ドバイシーマクラシック)。

母は中央競馬の短距離で活躍したオープン馬のスプリングサンダー

母の父はクロフネ(ND系ヴァイスリージェント/NHKマイルC、ジャパンカップダート)。

母方の6代前、ディナーパートナー(Dinner Partner)を祖とする牝系は、ダンスインザダーク、ダンスパートナー、ダンスインザムード、スズカマンボなど、数多くの重賞勝ち馬を輩出した名門牝系。

スカーフェイスの近走

22/1/5 中山金杯(G3・ハンデ)

中山 芝2000m 良

着順:2着(2.00.5・0.4差)

騎手:石橋脩(54キロ)

大外17番枠から道中は中団のやや後ろ、8~9番手の外。

4角は9番手の大外を回して直線。

直線も馬群の大外から脚を伸ばして、坂の上りで内の先行勢をまとめて交わして行った。

外差しが伸びる馬場と、54キロのハンデの相乗効果。

この馬も、二千よりはマイルで走る馬。

2022年 中山金杯(G3)のラップ分析&回顧

22/2/20 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 稍重

着順:5着(1.49.7・0.5差)

騎手:団野大成(55キロ)

道中は後方14~15番手。

4角も13番手の外で直線に向き、直線は馬群の外目から追い上げてはくるが、0.5差の5着まで。

上りがかかる外差し馬場。

この馬向きの展開になったが、ハンデ1キロ増ではここまでか。

2022年 小倉大賞典(G3)のラップ分析&回顧

22/4/3 大阪杯(G1)

阪神 芝2000m(内)良

着順:6着(1.58.9・0.5差)

騎手:岩田康誠(57キロ)

1枠1番から道中は後方14番手の最内。

3~4角も最内を利して順位を上げて、4角は10番手の最内で直線。

直線も馬場の内目から追い上げを計り、なかなか良い脚で追い上げてはくるが0.5差の6着まで。

最内枠から、道中最短コースからの内差し。

上りがそこそこかかったのもよかった。

例え力が足りなくても、道中これだけのアドバンテージと展開の利があれば、G1レースでもこれくらいの着順には食い込める。

逆に、掲示板にも載れないのは、このクラスではまだ力がない証し。

2022年 大阪杯(G1)のラップ分析&回顧

22/7/17 函館記念(G3・ハンデ)

函館 芝2000m 重

着順:3着(2.04.3・0.7差)

騎手:岩田康誠(55キロ)

道中は後方13番手の最内を追走。

3角13番手の最内から、4角手前では、スッと外に出して4角は11番手の大外で直線。

直線は馬群の大外から追い上げてはくるが、前の2頭には届かない。

この馬も後方最短コースで脚を溜めた組。

4角内を突ければ際どかったのだろうが、あのまま内にこだわっていると3着もなかったかもしれない。これは勝負のアヤ。

この馬も道悪は巧い。

2022年 函館記念(G3)のラップ分析&回顧