2021年4月4日【美浦S】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、サトノエルドールの好走パターンを分析。

サトノエルドールの距離適性

サトノエルドールはこれまでに芝1600m~芝2500mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-0-1-0)
  • 芝1800m(1-1-2-1)
  • 芝2000m(3-2-3-2)
  • 芝2200m(0-1-0-0)
  • 芝2500m(0-0-0-1)

ベストは2000m、前後200mは守備範囲だろう。

サトノエルドールの脚質

出遅れが多く、とにかくスタートが遅い馬。

なので、条件戦では後ろからの競馬が目立ち、届かずの2、3着が多かった。

しかし、1勝クラス、2勝クラス、3勝クラスともに、勝ち上がったレースは前目にポジションを取っての押し切り勝ち。

終いを伸ばすよりも、前目で押し切った方が勝率はアップする。

しかしスタートが悪いので、小頭数か、テンのペースが緩くならないかぎり、ポジションを取るのは難しい。

スタート直後に坂があるなど、テンが緩みやすいコース形態が良いだろう。

サトノエルドールのコース適正

サトノエルドールの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(0-0-0-1)
  • 新潟(1-0-1-0)
  • 東京(1-2-2-2)
  • 中山(2-2-3-1)
  • 中京(未)
  • 京都(未)
  • 阪神(未)
  • 小倉(未)

スタート直後に急坂がある中山2000mは(2-1-2-0)と好相性。

サトノエルドールの持ち時計(ベストタイム)

サトノエルドールの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.37.0 3着(新潟)
  • 芝1800m:1.46.5 3着(東京)
  • 芝2000m:1.59.1 3着(東京)
  • 芝2200m:2.14.8 2着(中山)
  • 芝2500m:2.38.8 11着(中山)

速い時計には縁はなさそう。

サトノエルドールの重馬場適正

サトノエルドールの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(0-0-1-0)
  • 不良(未)

道悪自体は大丈夫そう。


サトノエルドールの鉄砲実績(休み明け)

サトノエルドールの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(2-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(1-0-0-1)
  • 3戦目(0-0-1-1)
  • 4戦目(0-0-1-0)
  • 5戦目~(0-1-0-0)

サトノエルドールのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-1-0-1)
  • 中3~5週(0-2-4-1)
  • 中6~8週(1-1-1-0)

サトノエルドールの枠順適正

サトノエルドールの枠番別着度数は;

  • 1~4番(1-0-1-1)
  • 5~9番(2-1-3-1)
  • 10~14番(1-3-1-2)
  • 15~18番(0-0-1-0)

サトノエルドールの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-2-3-1)
  • 3~5月(春):(2-1-0-1)
  • 6~8月(夏):(1-0-1-0)
  • 9~11月(秋):(1-1-2-2)

サトノエルドールの斤量別着度数

  • 54キロ(2-0-3-0)
  • 55キロ(0-1-1-2)
  • 56キロ(1-3-2-0)
  • 57キロ(1-0-0-2)

サトノエルドールの好走体重

3着以内の体重は;

  • 460~478キロ

サトノエルドールの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))

母の父はファスリエフ(ND系ヌレイエフ)。

ファスリエフは欧州で走り、芝のG1を2勝。距離はいずれも1200m。

次走、新潟大賞典(G3)に向けて

次走は5月9日(日)、新潟競馬場 芝2000m(外)で行われる「新潟大賞典(G3・ハンデ)」。

ハンデも手ごろ、前目にポジションが取れれば面白いが、スタートが鍵。

 

その他、新潟大賞典(G3)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)