2021年5月8日【京都新聞杯】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、レッドジェネシスの好走パターンを分析。

レッドジェネシスの距離適性

レッドジェネシスはこれまでに芝1800m~芝2400mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1800m(1-0-1-1)
  • 芝2000m(0-0-1-1)
  • 芝2200m(1-0-0-0)
  • 芝2400m(1-0-0-0)

中距離以上に適性がある感じ。

レッドジェネシスの脚質

スタートが少し遅い馬で、位置取りが後ろになることが多い。

しかし、長く良い脚を使える馬なので、道中順位を押し上げて、最後の直線で差し切る感じが好走パターン。

そういう脚なので、一瞬のキレと言うよりも、長い直線を一杯に使ってジワジワ伸びて行くタイプのよう。

直線の長い、広いコースが合うだろう。

レッドジェネシスのコース適正

レッドジェネシスの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(未)
  • 東京(0-0-0-1)
  • 中山(未)
  • 中京(1-0-0-0)
  • 京都(未)
  • 阪神(2-0-1-1)
  • 小倉(0-0-1-0)

3勝はすべて外回りコース。

3着2回はいずれも内回り、小回りコース。

東京の敗戦はちょっと不可解な負け方だが、休み明けが原因と考えれば合点がいく。

レッドジェネシスの持ち時計(ベストタイム)

レッドジェネシスの持ち時計は次の通り;

  • 芝1800m:1.47.0 4着(阪神)
  • 芝2000m:2.00.8 6着(東京)
  • 芝2200m:2.11.2 1着(中京)
  • 芝2400m:2.27.9 1着(阪神)

2200mの時計はそこそこ速い(京都新聞杯)。

レッドジェネシスの重馬場適正

レッドジェネシスの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-0-0-0)
  • 重(未)
  • 不良(未)

稍重馬場では4馬身差の圧勝を見せている(ゆきやなぎ賞)が、これだけのデータではまだ何とも言えない。


レッドジェネシスの鉄砲実績(休み明け)

レッドジェネシスの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(2-0-0-0)
  • 3戦目(1-0-0-0)
  • 4戦目(未)
  • 5戦目~(未)

データ的には叩いてから。

レッドジェネシスのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(2-0-0-0)
  • 中3~5週(0-0-1-0
  • 中6~8週(1-0-0-0)

間隔を詰めて使う分には問題ない。

レッドジェネシスの枠順適正

レッドジェネシスの枠番別着度数は;

  • 1~4番(0-0-1-0)
  • 5~9番(2-0-1-0)
  • 10~14番(1-0-0-2)
  • 15~18番(未)

レッドジェネシスの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(1-0-0-1)
  • 3~5月(春):(2-0-0-0)
  • 6~8月(夏):(0-0-2-0)
  • 9~11月(秋):(0-0-0-1)

レッドジェネシスの斤量別着度数

  • 54キロ(0-0-2-0)
  • 55キロ(1-0-0-1)
  • 56キロ(2-0-0-1)

レッドジェネシスの好走体重

3着以内の体重は;

  • 472~488キロ

レッドジェネシスの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、有馬記念、宝塚記念、ジャパンカップ、天皇賞(春))。

母の父はストームキャット(ND系ストームキャット)。

ストームキャットは米国で走り、ダートの6F~8.5F(約1200~1700m)で活躍。G1は1勝しただけだが、種牡馬としては多くのG1ウイナーを排出した名種牡馬。代表産駒ジャイアンツコーズウェイも種牡馬として高い名声を誇る。

日本では母の父として、キズナロードカナロアなど、多くのG1ウイナーが出ている。

ディープインパクト×ストームキャットの組み合わせでは;

リアルスティール(ドバイターフ、毎日王冠、共同通信杯)、エイシンヒカリ(香港カップ、イスパーン賞)、サトノアラジン(安田記念、スワンS、京王杯SC)など。

現役馬ではダノンキングリーラヴズオンリーユー など。

レッドジェネシスの前走

21/5/8 京都新聞杯(G2)

中京 芝2200m 良

着順:1着(2.11.2・-0.1差)

騎手:川田将雅(56キロ)

道中は中団の後ろ、8番手で追走。

ペースが上がった3~4角でこの馬も早めに動いて4角は5番手の外で直線。

直線は馬群の外目からグイグイと追い上げて、残り200mでは逃げるルペルカーリアを射程圏に。

しかしルペルカーリアも簡単には抜かせずに粘り込みを計るが、ゴール前はしっかりと交わして半馬身差のゴール。

残り1000mから動いて行って勝ち切ったSP持続力は評価できる。

2021年 京都新聞杯(G2)のラップ分析&回顧

次走、東京優駿(日本ダービー・G1)に向けて

次走は5月30日(日)、東京競馬場 芝2400mで行われる「日本ダービー(G1)」。

コース、距離ともにピッタリと言った印象。

新興勢力の中では楽しみな一頭。

 

その他、東京優駿(日本ダービー・G1)の出走馬を分析

 



関連記事(一部広告を含む)