クイーンS過去10年、脚質別の特徴

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ   1-  0-  0-  9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
先行   6-  3-  3- 24/ 36 16.7% 25.0% 33.3%
中団   2-  5-  7- 35/ 49 4.1% 14.3% 28.6%
後方   1-  2-  0- 27/ 30 3.3% 10.0% 10.0%

 

続いて、枠番別の脚質データ 3着以内率(良馬場)

1枠 2枠 3枠 4枠 5枠 6枠 7枠 8枠
逃げ なし 33.3% 0.0% 0.0% なし 0.0% なし 0.0%
先行 50.0% 100.0% 0.0% 0.0% 33.3% 20.0% 66.7% 25.0%
中団 33.3% 0.0% 14.3% 37.5% 50.0% 50.0% 11.1% 28.6%
後方 0.0% なし 0.0% 0.0% 0.0% 16.7% 0.0% 33.3%

逃げ

逃げは過去10年で1着が1回だけ。2017年のアエロリット(2番人気・単勝3.2倍)。枠は2枠2番。

それ以外の枠では3着以内にも入っていないと言うデータ。

しかしそれ以外の馬はリラヴァティの4番人気単勝6.5倍(8枠13番)が最高で、以下5番人気(10.9倍・2枠2番)、6番人気(12倍・4枠4番)、9番人気(28.4倍・6枠10番)と続く。

要するに人気サイドで内枠に入った場合、逃げ馬は要注意。

先行

勝率、連対率、複勝率がどれも最も高いのが先行馬。

これは札幌芝1800mのコースデータとほぼ合致する。

(参考⇒ 札幌芝1800mのコース分析)

人気別で見ても;

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
   1.0~ 1.4  0- 0- 0- 0/ 0
   1.5~ 1.9  0- 0- 0- 0/ 0
   2.0~ 2.9  3- 1- 0- 0/ 4 75.0% 100.0% 100.0%
   3.0~ 3.9  0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
   4.0~ 4.9  1- 2- 1- 1/ 5 20.0% 60.0% 80.0%
   5.0~ 6.9  1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%
   7.0~ 9.9  0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
  10.0~14.9  0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
  15.0~19.9  0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
  20.0~29.9  1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
  30.0~49.9  0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
  50.0~99.9  0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
 100.0~  0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

 

このように、単勝オッズ5倍未満の先行馬ならかなり信頼が置ける。

単勝オッズ5倍以上の場合は、馬券圏内に来ている3頭の内2頭が、中山牝馬S(G3・中山芝1800m)、福島牝馬S(G3・福島芝1800m)で連対実績があった。

枠番はどの枠からでも良さそうだが、先行馬だけに、力が劣る馬なら当然内側が欲しいところ。

差し・追い込み

差し、追い込み馬もそこそこ結果を残している。

人気別で見てみると;

単勝オッズ 着別度数 勝率 連対率 複勝率
   1.0~ 1.4  0- 0- 0- 0/ 0
   1.5~ 1.9  0- 0- 0- 0/ 0
   2.0~ 2.9  1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 33.30%
   3.0~ 3.9  1- 0- 0- 2/ 3 33.30% 33.30% 33.30%
   4.0~ 4.9  0- 0- 1- 1/ 2 0.00% 0.00% 50.00%
   5.0~ 6.9  0- 1- 2- 5/ 8 0.00% 12.50% 37.50%
   7.0~ 9.9  0- 2- 0- 6/ 8 0.00% 25.00% 25.00%
  10.0~14.9  0- 1- 1- 6/ 8 0.00% 12.50% 25.00%
  15.0~19.9  0- 0- 1- 5/ 6 0.00% 0.00% 16.70%
  20.0~29.9  0- 0- 0- 9/ 9 0.00% 0.00% 0.00%
  30.0~49.9  1- 2- 2- 6/11 9.10% 27.30% 45.50%
  50.0~99.9  0- 1- 0- 8/ 9 0.00% 11.10% 11.10%
 100.0~  0- 0- 0-12/12 0.00% 0.00% 0.00%

 

こちらは、あまり人気していない馬の方に妙味がありそうなデータ。

そしてここでも特徴的なのが、中山牝馬S(G3・中山芝1800m)と福島牝馬S(G3・福島芝1800m)。

5倍以上の馬で、馬券圏内に入った馬の中山牝馬S(G3・中山芝1800m)、福島牝馬S(G3・福島芝1800m)の出走歴を見てみると;

  • 5.0~6.9:3頭中1頭が「中山牝馬S」優勝馬
  • 7.0~9.9:2頭中1頭が、「福島牝馬S」0.1差の4着で上りはメンバー最速。
  • 10.0~14.9:2頭中1頭が「中山牝馬S」優勝馬。
  • 15.0~19.9:1頭中1頭が「中山牝馬S」「福島牝馬S」でそれぞれ3着。
  • 30.0~49.9:5頭中2頭が「福島牝馬S」2着、3着。1頭が「福島牝馬S」0.4差の6着ながら、上り時計はメンバー最速。
  • 50.0~99.9:該当せず

人気薄の中団、もしくは後方待機の馬でも、「中山牝馬S」もしくは「福島牝馬S」で馬券圏内に来た実績があれば妙味はある。

また、馬券圏内の実績がなくても、「福島牝馬S」でメンバー最速の上りを出しながら差し届かなかった馬は、「クイーンS」では突っ込んでくる可能性がある。

クイーンSへの過去10年の臨戦過程

「クイーンS」への臨戦過程で最も多く、最も成績が良いのが前走重賞からの「クイーンS」参戦。

とりわけ多く、「クイーンS」での成績も優れているのが「ヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600m)」と「マーメイドS(G3・阪神芝2000m)」。

前走ヴィクトリアマイル(G1)からの参戦

前走の「ヴィクトリアマイル(G1)」での成績はどうだったのか?

前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着  0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0.00%
前走2着  0- 0- 0- 0/ 0
前走3着  0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0.00%
前走4着  0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 100.00%
前走5着  1- 0- 0- 0/ 1 100.00% 100.00% 100.00%
前走6~9着  2- 1- 2- 1/ 6 33.30% 50.00% 83.30%
前走10着~  0- 2- 1- 8/11 0.00% 18.20% 27.30%

 

「ヴィクトリアマイル」では馬券に絡めなかった馬が「クイーンS」では馬券になる傾向。

これは、東京芝1600mと札幌芝1800mで求められる適正が違うために、このようなことが起きていると考えられる。

それでは次に、前走「ヴィクトリアマイル」を走った馬の今走の人気別着度数;

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気  2- 2- 1- 1/ 6 33.30% 66.70% 83.30%
2番人気  1- 0- 1- 4/ 6 16.70% 16.70% 33.30%
3番人気  0- 1- 1- 0/ 2 0.00% 50.00% 100.00%
4番人気  0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0.00%
5番人気  0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0.00%
6番人気  0- 0- 0- 0/ 0
7番人気  0- 0- 0- 0/ 0
8番人気  0- 0- 0- 2/ 2 0.00% 0.00% 0.00%
9番人気  0- 0- 0- 1/ 1 0.00% 0.00% 0.00%
10番人気  0- 1- 0- 0/ 1 0.00% 100.00% 100.00%

 

1番人気はある程度信頼できるが、それ以外になるとちょっと怪しくなってくる。

2番人気以下の馬で、馬券圏内に来ている5頭を調べてみると、5頭中3頭が「中山牝馬S」もしくは「福島牝馬S」で馬券圏内に来た実績があった。

しかしこの場合は、「中山牝馬S」もしくは「福島牝馬S」で馬券圏内に来た実績があっても、今回凡走している馬もそこそこいるので、参考程度に捉えておいた方が良いかもしれない。

前走マーメイドS(G3)からの参戦

まずは前走「マーメイドS」の着順;

前入線順位 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着  0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
前走2着  0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
前走3着  0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
前走4着  0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着  0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
前走6~9着  0- 1- 1- 5/ 7 0.0% 14.3% 28.6%
前走10着~  1- 0- 0- 4/ 5 20.0% 20.0% 20.0%

 

「マーメイドS」の勝馬は「クイーンS」では馬券に絡めないと言うデータ。

「マーメイドS」は阪神芝2000mの内回りコースだけに、札幌芝1800mと適正はそれほどかけ離れてはいないと思うだけに、これはちょっと意外なデータ。

そしてここでもまた、「中山牝馬S」と「福島牝馬S」が出て来る。

前走「マーメイドS」2着以下で馬券になった5頭中3頭に「中山牝馬S」もしくは「福島牝馬S」での好走歴(馬券圏内)があった。

このケースでは、前走「マーメイドS」2着以下で馬券にならなかった馬20頭の中でも、「中山牝馬S」と「福島牝馬S」好走(馬券圏内)馬は3頭しかみつからなかったことから、そこそこ信頼できるデータなのかもしれない。

まとめ

今回の分析のキーワードともなっている「中山牝馬S」「福島牝馬S」を2連勝してきているフェアリーポルカは、かなり信頼の置ける馬ではあるが、脚質が中団以下の差し脚質なだけに、勝ち負けには絡んできても、「勝利」が当確かと言えば疑問は残る。

逆に、前走「マーメイドS」では大敗しているものの、前々走の「福島牝馬S」では上り時計メンバー3位の脚で0.1差の2着に食い込んだリープフラウミルヒあたりは人気を落とすなら面白い存在。