2022年9月18日【ローズS】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、パーソナルハイの好走パターンを分析。

パーソナルハイの距離適性

パーソナルハイはこれまでに芝1600m~芝2000mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1600m(0-1-0-3)
  • 芝1800m(0-0-0-1)
  • 芝2000m(1-2-0-1)
  • 芝2400m(0-0-0-1)

2000mは3連対しているが、ペースは緩い。

パーソナルハイの脚質

逃げて1勝2着が2回。

ただし、力で押し切ったというよりもスローの前残りに近い展開。

差す競馬では「桜花賞」で0.2差の6着はあるが、それも最短コースを通ってのもの。

ここまでではまだ、強さの片りんが見えてこない。

パーソナルハイのコース適正

パーソナルハイの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-0-0-1)
  • 東京(0-2-0-1)
  • 中山(0-0-0-1)
  • 中京(1-0-0-1)
  • 京都(未)
  • 阪神(0-0-0-2)
  • 小倉(0-1-0-0)

コースの巧拙はまだよく分からない。

パーソナルハイの持ち時計(ベストタイム)

パーソナルハイの持ち時計は次の通り;

  • 芝1600m:1.33.1 6着(阪神)
  • 芝1800m:1.49.2 6着(中山)
  • 芝2000m:2.00.5 2着(東京)
  • 芝2400m:2.26.4 16着(東京)

千六の6着は不利がなければという競馬だけに、速い時計の対応に関してはまだ未知数。

パーソナルハイの重馬場適正

パーソナルハイの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(未)
  • 重(未)
  • 不良(未)

パーソナルハイの鉄砲実績(休み明け)

パーソナルハイの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-0-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-0-0-1)
  • 3戦目(0-1-0-0)
  • 4戦目(0-0-0-1)
  • 5戦目~(未)

パーソナルハイのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(1-2-0-2)
  • 中3~5週(0-0-0-1)
  • 中6~8週(0-1-0-0)

間隔は詰めて使っても問題ない。

パーソナルハイの枠順適正

パーソナルハイの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-2-0-4)
  • 5~9番(0-1-0-0)
  • 10~14番(0-0-0-1)
  • 15~18番(0-0-0-1)

ここまでは枠順には恵まれている感じ。

パーソナルハイの頭数別着度数

パーソナルハイの走りに出走頭数の多い少いは影響しているか?

  • 8頭以下(未)
  • 9~13頭(1-2-0-1)
  • 14頭以上(0-1-0-5)

他馬に怯むというコメントも見られたが、「桜花賞」の走りを見る限りでは大丈夫そう。

パーソナルハイの斤量別着度数

  • 54キロ(1-3-0-4)
  • 55キロ(0-0-0-2)

パーソナルハイの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(0-0-0-1)
  • 3~5月(春):(0-1-0-3)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-1)
  • 9~11月(秋):(1-1-0-1)

パーソナルハイの好走体重

3着以内の体重は;

  • 456~470キロ

パーソナルハイの血統背景

父はディープインパクト(サンデー系/牡馬三冠、春天、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念)。

母の父はシティジップ(ミスプロ系)。

シティジップは米国で走り、ダートのG1を1勝。主要距離はダートの短距離。

パーソナルハイの近走

22/4/10 桜花賞(G1)

阪神 芝1600m(外)良

着順:6着(1.33.1・0.2差)

騎手:吉田豊(55キロ)

道中は中団8番手の最内。

4角も9番手の内で直線に向き、直線は馬場の内目をスルスルと伸びてきたが、坂の上りでピンハイに馬体を強くぶつけられる不利があった。

それでも怯むことなくそこからもさらに食らいついて行って0.2差の6着。

スムーズなら、1、2着はなかったと思うが、3着があったかなかったかと言ったところ。

ただし、道中はインぴったりの最短コースを通っており、位置取りの恩恵を受けていた感はある。

2022年 桜花賞(G1)のラップ分析&回顧

22/4/24 フローラS(G2)

東京 芝2000m 良

着順:2着(2.00.5・0.1差)

騎手:吉田豊(54キロ)

2枠3番からの逃げ。

道中は後続を離して逃げているように見えるが、ペースとしえは速くはない。

中盤から後半にかけてはむしろ遅いぐらい。

まさにマイペースの逃げで直線に向き、ゴール前までしっかり粘れたのもうなずける。

中2週で「桜花賞」に参戦して0.2差の6着。

そしてそこから中1週でここ。

強行ローテを考えると、よく走ってはいる。

2022年 フローラS(G2)のラップ分析&回顧

22/5/22  優駿牝馬(G1)

東京 芝2400m 良

着順:16着(2.26.4・2.5差)

騎手:吉田豊(55キロ)

【レース前寸評】

典型的な逃げ馬がいないだけに、ここは逃げるか?

東京コースの長い直線を粘りきれるとは思えないが、前にいれば何が起こるか分からない。

【結果】

道中2番手追走から4角も2番手で直線に向くが、直線は坂の上りで一杯。

2400mは長そう。

2022年 優駿牝馬(オークス・G1)のラップ分析&回顧

22/9/18 ローズS(G2)

中京 芝2000m 良

着順:11着(2.00.9・2.4差)

騎手:吉田豊(54キロ)

【レース前寸評】

道中のペースが流れると、この馬も不安。

【結果】

3枠4番からハナへ。

4角も先頭で直線に向くが、直線入口では早くもラリュエルに交わされて、坂下ではもう脚は残っていなかった。

この馬にとっては時計が速すぎたこともあるが、まだこのクラスの力はない。

距離も、千六あたりがちょうどいいのではないか?

2022年 ローズS(G2)のラップ分析&回顧