2022年2月20日【小倉大賞典】終了時点までのデータや実際の走りをもとに、ノルカソルカの好走パターンを分析。

ノルカソルカの距離適性

ノルカソルカはこれまでに芝1400m~芝1800mまでの距離のレースに使われてきた。

各距離の着度数は次の通り;

  • 芝1400m(0-1-0-1)
  • 芝1600m(4-6-3-4)
  • 芝1800m(0-0-0-1)

現状では1600mへの出走が圧倒的に多い。

ノルカソルカの脚質

逃げ、先行脚質

そこそこのスピードはあるが、持続力には欠ける感じ。

上りがかかって粘り込む底力タイプ。

スローの前残りでは切れ負けするので、速いラップで引っ張る方が戦いやすいだろう。

ノルカソルカのコース適正

ノルカソルカの競馬場ごとの着度数は次の通り;

  • 札幌(未)
  • 函館(未)
  • 福島(未)
  • 新潟(0-1-0-0)
  • 東京(0-1-1-0)
  • 中山(1-0-0-0)
  • 中京(3-2-0-0)
  • 京都(0-2-2-2)
  • 阪神(0-1-0-3)
  • 小倉(0-0-0-1)

中京コースは強い。

ノルカソルカの持ち時計(ベストタイム)

ノルカソルカの持ち時計は次の通り;

  • 芝1400m:1.21.9 2着(新潟)
  • 芝1600m:1.32.2 2着(阪神)
  • 芝1800m:1.49.8 6着(小倉)

1600mの時計は3勝クラスで計時。そこそこ速い。

ノルカソルカの重馬場適正

ノルカソルカの稍重も含めた道悪競馬での実績は;

  • 稍重(1-1-0-3)
  • 重(0-1-0-0)
  • 不良(0-1-0-0)

道悪はそこそこ走る。


ノルカソルカの鉄砲実績(休み明け)

ノルカソルカの10週(中9週)以上の休み明けでの成績は;

  • 10週以上(0-1-0-2)

叩いてからは;

  • 2戦目(0-2-0-1)
  • 3戦目(3-0-0-0)
  • 4戦目(0-0-1-2)
  • 5戦目~(1-3-2-0)

ノルカソルカのローテーション適正

  • 連闘(未)
  • 中1~2週(3-0-2-1)
  • 中3~5週(1-3-1-2)
  • 中6~8週(0-2-0-1)

ノルカソルカの枠順適正

ノルカソルカの馬番別着度数は;

  • 1~4番(1-4-0-2)
  • 5~9番(2-1-1-1)
  • 10~14番(1-2-2-3)
  • 15~18番(未)

脚質的には当然内枠が欲しい。

ノルカソルカの斤量別着度数

  • 54キロ(0-1-0-1)
  • 55キロ(1-2-1-1)
  • 56キロ(2-3-2-3)
  • 57キロ(1-1-0-1)

ノルカソルカの季節別着度数

  • 12~2月(冬):(2-2-0-2)
  • 3~5月(春):(1-1-2-1)
  • 6~8月(夏):(0-1-0-0)
  • 9~11月(秋):(1-3-1-3)

ノルカソルカの好走体重

3着以内の体重は;

  • 482~504キロ

ノルカソルカの血統背景

父はエピファネイア(ロベルト系/菊花賞、ジャパンカップ、日本ダービー2着、皐月賞2着)。

母の父はダンスインザダーク(サンデー系/菊花賞、日本ダービー2着)。

近親にキセキ(菊花賞)。

ノルカソルカの前走

22/2/20 小倉大賞典(G3・ハンデ)

小倉 芝1800m 稍重

着順:6着(1.49.8・0.6差)

騎手:勝浦正樹(54キロ)

2枠4番から先頭に立つ。

内目の馬場が悪いので、終始内側2~3頭分を開けての逃げ。

4角は最内を走るトップウイナーに先頭を奪われ、4角は2番手で直線。

直線は馬場の3分どころから粘り込みを計るが、ゴール前は外差し勢に次々と交わされて6着。

当日はかなりの外差し馬場。

古馬重賞初挑戦で0.6差の6着なら上出来ではないか。

2022年 小倉大賞典(G3)のラップ分析&回顧

次走、ダービー卿チャレンジT(G3)に向けて

次走は4月2日(土)、中山競馬場 芝1600mで行われる「ダービー卿チャレンジT(G3・ハンデ)」。

ハンデは54キロ。

そこそこの粘り腰はある馬。

54キロのハンデなら、前々で残ってきてもおかしくない。

 

⇒その他、ダービー卿チャレンジT(G3)の出走馬を分析